2024.04.16

パリ五輪のアメリカ代表11人が“内定”と現地記者が報道…最終枠の有力候補はレナードか?

最後の枠に入ることが予想されているレナード[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 NBAの2023-24レギュラーシーズンが終了し、一夜明けた4月16日(現地時間15日、日付は以下同)。USAバスケットボールは、「2024年パリオリンピック」に向けたアメリカ代表のロスター12名のうち11名が決まりつつあると『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じた。

 大会5連覇を狙うアメリカ代表のロスター入りが“内定”と報じられた11名は下記のとおり(以降チーム名は略称、並びはファミリーネームのアルファベット順)。

■パリ五輪のアメリカ代表入り内定と報じられた11選手

バム・アデバヨ(ヒート)
デビン・ブッカー(サンズ)
ステフィン・カリー(ウォリアーズ)
アンソニー・デイビスレイカーズ
ケビン・デュラント(サンズ)
アンソニー・エドワーズ(ウルブズ)
ジョエル・エンビード(シクサーズ)
タイリース・ハリバートン(ペイサーズ)
ドリュー・ホリデー(セルティックス)
レブロン・ジェームズレイカーズ
ジェイソン・テイタム(セルティックス)

 ここで注目したいのはカリーだろう。ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)が指揮を執るなか、パリ五輪で自身初のオリンピック出場を飾る見込みだからだ。

 また、レブロンは2012年のロンドン・オリンピック以来の参加で、アデバヨ、ブッカー、デュラント、ホリデー、テイタムは前回大会を制したメンバー。デイビスは2014年の「FIBAバスケットボールワールドカップ」以来初、エドワーズとハリバートンは昨夏のワールドカップに続く参戦となる。

 同記者によると、アメリカ代表のマネージングディレクターを務めるグラント・ヒル(元ピストンズほか)は、「NBAプレーオフ2024」終了後の7月にラスベガスで開催されるトレーニングキャンプとエキシビジョンマッチに向けて、ロスターを1枠空けていると語ったと報道。そのロスター最終枠にはクリッパーズのポール・ジョージ、マジックのパオロ・バンケロ、ネッツのミケル・ブリッジズ、ニックスのジェイレン・ブランソンが候補に挙がるも、有力なのはクリッパーズのカワイ・レナードだと『The Athletic』が報じている。

 今後、彼らが健康体を維持できればという条件つきながら、アメリカ代表はパリ五輪でNBAのスーパースターを並べた超豪華メンバーを送り込むことは間違いなさそうだ。

BASKETBALLKING VIDEO