2024.04.24

4年目でオールスターに初選出されたシクサーズのタイリース・マクシーがMIPに選出

最優秀躍進選手賞に選ばれたマクシー[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 4月24日(現地時間23日、日付は以下同)。NBAは2023-24シーズンの最優秀躍進選手賞MIP)に、フィラデルフィア・セブンティシクサーズタイリース・マクシーが選ばれたことを発表した。

 キャリア3年目の昨シーズン。マクシーはすでに平均20.3得点2.9リバウンド3.5アシストを残し、シクサーズで主力の1人となっていたのだが、今シーズンはオールスター選手へと飛躍。

 昨シーズンまで先発ポイントガードを務めていたジェームズ・ハーデンが開幕から出場せず、昨年11月2日の3チーム間トレードでロサンゼルス・クリッパーズへ移籍し、マクシーはフルタイムの先発ポイントガードとなり、見事な活躍を見せたと言っていい。

「オフシーズンで、僕にはジェームズがどうなっていくか分からなかった。だから僕は毎日ピック&ロールの練習をして、パスワークやプレーを読むことに集中してきた。今年見せていたプレーのほとんどは、過去数年ではできなかったことなんだ。僕はできるだけベストな自分になろうとしているだけ」

 『TNT』とのインタビューでそう答えたマクシーは、今シーズンに70試合へ出場して平均37.5分25.9得点3.7リバウンド6.2アシスト1.0スティールに3ポイントシュート成功率37.3パーセント(平均3.0本成功)をマーク。

 出場時間、得点、リバウンド、アシスト、スティール、3ポイント成功数はいずれも自己最高で、得点はリーグ11位、アシストでは同20位にランクイン。50得点以上を3試合で記録しており、これはリーグ最多タイだった。

 キャリア4年目でオールスター初選出を飾ったマクシーは、今シーズン終了後に制限付きFA(フリーエージェント)となるため、高額契約を結ぶことが確実視されている。

 シクサーズの選手がMIPを受賞するのは、1994-95シーズンのデイナ・バロス以来、フランチャイズ史上2人目のことだった。

 なお、MIPの投票でマクシーは51の1位票(5ポイント)を含む計319ポイントを獲得。先日ファイナリストとして発表されたシカゴ・ブルズコービー・ホワイトが32の1位票を含む計305ポイント、ヒューストン・ロケッツアルペレン・シェングンが6の1位票を含む計92ポイントを獲得。今シーズンのMIP投票結果は下記のとおり。
※所属チーム名は略称、カッコ内の数字が1位票獲得数

MIP投票で2位に入ったホワイト[写真]=Getty Images

■2023-24シーズン MIP投票結果

1位.タイリース・マクシー(シクサーズ):計319ポイント(51)
2位.コービー・ホワイト(ブルズ):計305ポイント(32)
3位.アルペレン・シェングン(ロケッツ):計92ポイント(6)
4位.ジェイレン・ウィリアムズ(サンダー):計79ポイント(5)
5位.ジェイレン・ブランソン(ニックス):計25ポイント(3)
6位.デニ・アブディヤ(ウィザーズ):計24ポイント(1)
7位.キャム・トーマス(ネッツ):計16ポイント
8位.ジェイレン・サグス(マジック):計11ポイント
9位.タイリース・ハリバートン(ペイサーズ):5ポイント(1)
10位.グレイソン・アレン(サンズ):計4ポイント
11位.ダンカン・ロビンソン(ヒート):4ポイント
12位.デビン・バッセル(スパーズ):3ポイント
13位.シェイ・ギルジャス・アレクサンダー(サンダー):3ポイント
14位.アーロン・ネスミス(ペイサーズ):1ポイント

BASKETBALLKING VIDEO