2019.08.31

前半だけで62得点を奪ったイタリア、フィリピンを寄せつけずに圧勝

100点ゲームを演じ、圧勝スタートに成功したイタリア代表 [写真]=fiba.com
国内外のバスケ情報をお届け!

 8月31日に中国で「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」の1次ラウンド第1戦が行われ、グループDではイタリア代表(FIBAランキング13位)がフィリピン代表(同31位)と対戦した。

 イタリアは第1クォーターからエンジン全開で、ルイージ・ダトメやダニーロ・ガリナリ(オクラホマシティ・サンダー)などが立て続けにシュートを沈めて37得点を記録。一気に29点のリードを奪うと、続く第2クォーターでも62-24と点差を広げた。

 後半に入ってもフィリピンを寄せつけず、力の差を見せつけて最終スコア108-62で圧勝。ダトメを筆頭に3選手が2ケタ得点を挙げ、マルコ・ベリネッリ(サンアントニオ・スパーズ )は約20分間の出場で9得点4アシスト2スティールを記録した。

■試合結果
フィリピン 62-108 イタリア
PHI|8|16|15|23|=62
ITA|37|25|23|23|=108