2020.07.09

三遠ネオフェニックスがEGOZARU(エゴザル)とオフィシャルウェアサプライヤー契約継続を発表

国内外のバスケ情報をお届け!

 7月9日、三遠ネオフェニックスは「EGOZARU(エゴザル)」との2020−21シーズンのオフィシャルウェアサプライヤー契約締結を発表した。同社とは2017−18シーズンから契約を結んでおり、今シーズンで4季目の契約となる。なお、2020−21シーズンのユニフォームデザインは後日発表とのこと。

 EGOZARU は2015年にスタートした日本発のバスケットボールウエアブランド。「品質が良く、長く着れるシンプルなバスケットボールウエア」をコンセプトにウエアを展開しており、今季からはレバンガ北海道のチームウェアサプライヤーも務めている。