2023.06.20

アルティーリ千葉が3選手との契約継続を発表…アシスト2位の杉本慶と大塚裕土は3季目へ

アルティーリ千葉と契約継続が発表された(左から)杉本、大塚、木田[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 アルティーリ千葉は6月20日、大塚裕土杉本慶木田貴明の3選手と、2023-24シーズンの選手契約継続に合意したと発表した。

 8月に36歳の誕生日を迎える大塚は、188センチ85キロのシューティングガード。サンロッカーズ渋谷富山グラウジーズ川崎ブレイブサンダースといったB1クラブでの経験も豊富なベテランで、加入2年目の2022-23シーズンは59試合に出場し、1試合平均8.6得点2.1リバウンド2.0アシストをマークした。

 杉本は滋賀県出身の30歳。183センチ80キロのシューティングガードで、移籍2年目の2022-23シーズンは58試合に出場。1試合平均7.0得点3.0リバウンド、リーグ2位の6.3アシストをマークし、チームのB2東地区優勝とプレーオフ進出に大きく貢献した。

 木田は石川県出身の27歳。188センチ87キロのスモールフォワードで、2022年に熊本ヴォルターズから千葉に移籍。2022-23シーズンは41試合の出場で、8.8得点2.3リバウンド1.6アシストを記録した。

 今回契約継続が発表された各選手のコメントの一覧は以下の通り。

大塚裕土
「2023-24シーズンもアルティーリ千葉でプレーします!地区優勝、B1昇格、B2制覇に向けて積み重ねてきたものを、さらに大きいものにして結果に結びつけたいと思います。2024年の5月末に、皆さんと千葉ポートアリーナで喜びを分かち合えるように精一杯頑張ります!開幕戦からアルティーリ千葉に関わる全ての方々のパワーをぶつけていきましょう。今シーズンも応援よろしくお願いします!」

木田貴明
「来シーズンもアルティーリ千葉の選手として皆様の前でプレーできる事をうれしく思います。あと1歩でB1を逃した悔しさと共に、さらに成長した姿を皆様に届けられるよう努力していきます。また応援して下さる皆様を『魅了』し、アルティーリ千葉の唯一無二の存在になれたらいいなと思っていますので、来シーズンも応援のほどよろしくお願いします」

杉本慶
「2023-24シーズンもアルティーリ千葉でプレーできることを光栄に思います。新シーズン、必ずB1昇格を達成できるよう気持ちを新たにまたここから精進してまいります。みなさんとともに新しい歴史を作り、みなさんとともに笑って終われるそんなシーズンになる様、チーム一丸となって頑張っていきますので応援よろしくお願いします」

BASKETBALLKING VIDEO