2018.07.24

インハイ女子注目選手(5)池田沙紀(岐阜女子)「全国屈指のテクニックを持つ小柄な点取り屋」

池田
自ら切りこみチームをけん引するキャプテンの池田 [写真]=三上太
本格的に取材を始めたのが「仙台の奇跡」と称された2004年アテネ五輪アジア予選。その後は女子バスケをメインに中学、高校と取材のフィールドを広げて、精力的に取材活動を行っている。

8月2日から8月7日にかけて愛知県の一宮市、小牧市、名古屋市で行われる「平成30年度全国高等学校総合体育大会 バスケットボール競技大会(インターハイ)」。『バスケットボールキング』では、今大会の女子注目選手8人をピックアップした。

■女子注目選手(5)池田沙紀(3年/岐阜女子高校/岐阜県)

 岐阜女子の伝統とも言うべき強固なディフェンスを率先するシューティングガード。またそのポジションに求められる得点でもチームをけん引する。東海ブロック大会でも準決勝の桜花学園高校(愛知県)戦で30得点、浜松開誠館高校(静岡県)との3位決定戦でも37得点とチームの総得点の半分近くを挙げている。しかも3ポイントシュートがそれぞれ2本、1本であることからもドライブとジャンプシュートで高得点をマークしていることがわかる。

 実際に池田が繰りだす切れ味鋭いドライブから、密集したペイントエリア内でのフローターは相手チームに強烈なダメージを与えている。160センチの小柄ではあるが、スピードとキレ、テクニックは全国でもトップクラスと言っていい。

主にドライブとジャンプシュートで得点を量産する[写真]=三上太

 インターハイまでの課題は「マークが厳しくなってきたときに1対1で状況を打開することと、不安定な3ポイントシュートの精度を上げること」だと語る。加えて「昨年はインサイドに絶対的なスコアラーがいたけど、今年のインサイド陣にはまだそこまでの力がない。とはいえ、彼女たちの高さは武器なので、中と外のバランスをうまく取って攻めていきたい」とも。一選手として、またキャプテンとしてそれぞれの課題をクリアしていけば、インターハイ連覇も夢ではない。

文=三上太

インターハイ2018 女子のバックナンバー