2023.12.24

優勝候補の大阪薫英女学院が好発進…エース躍動し安城学園に100点ゲームで快勝/ウインターカップ2023

勝利した大阪薫英女学院は3回戦で東海大学付属諏訪と対戦する[写真]=伊藤大允
バスケ情報専門サイト

 12月24日、「SoftBank ウインターカップ2023 令和5年度 第76回全国高等学校バスケットボール選手権大会」は大会2日目を迎え、東京体育館で行われた女子2回戦で大阪薫英女学院高校(大阪府)と安城学園高校(愛知県)が対戦した。

 夏のインターハイでベスト4まで勝ち上がり、今大会の優勝候補の一角にも挙げられている大阪薫英女学院は、第1クォーターから32得点とハイペースに得点を重ねて主導権を奪うと、エースの島袋椛が前半だけで20得点に到達。後半は高確率で3ポイントシュートを沈めて勢いづき、最終スコア111-84の完勝だった。

 今大会屈指の注目選手でもある島袋は29分の出場で26得点12リバウンド4アシストをマーク。双子の木本桜子は18得点、桃子は7得点で続き、27点差の快勝スタートに貢献した。

 2017年に準優勝したこともある安城学園は、キャプテンを務める西田美咲がチーム最多24得点を挙げたものの、近畿の実力校に敗れ2回戦敗退となった。

 大阪薫英女学院の次戦は25日に東京体育館・Oricoコートで行われる3回戦第1試合。前回大会8強の東海大学付属諏訪高校(長野県)と準々決勝進出をかけて対戦する。

ウインターカップ2023・女子2回戦
<東京体育館・Oricoコート>
安城学園 84-111 大阪薫英女学院
安城|18|20|13|33|=84
薫英|32|19|41|19|=111

BASKETBALLKING VIDEO