2017.08.15

ターンオーバーを敗因に挙げたブラウン「それ以外のプレーが良かっただけに悔しい」

日本の攻撃を引っ張ったアイラ・ブラウン [写真]=日本バスケットボール協会
国内外のバスケ情報をお届け!

 8月15日(現地時間14日)にレバノンのベイルートでFIBA ASIAカップ2017のベスト8決定戦が行われ、「AKATSUKI FIVE」男子日本代表チームが韓国代表と対戦。日本は1点ビハインドで迎えた第4クォーターに攻めこまれ、最終スコア68-81で敗れた。日本バスケットボール協会(JBA)が公式Facebookをとおして試合後の選手、コーチのコメントを発表した。

 予選3試合すべてに先発出場し、韓国戦でもスターティングファイブに名を連ねたアイラ・ブラウン琉球ゴールデンキングス)。第1クォーター序盤に2本の3ポイントシュートを沈めて流れを呼びこんだ場面について、「これまでは緊張してしまっていましたが、この試合は楽しもうと思って入ったことが、立ち上がりに良いプレイにつなげることが出来ました」と振り返った。

 しかし、ベスト8進出を懸けた一戦では、チーム全体のミスも目立ち、18本のターンオーバーを犯した。ブラウンもそのことを最大の敗因に挙げ、「18本もしてしまうと、やっぱり勝つことはできません。それ以外のプレイが良かっただけに悔しいです」と述べた。