2023.08.18

富永啓生、3ポイントやドライブで2試合連続の20得点「精度を上げていきたい」

強化試合で2試合連続20得点と好調の富永 [写真]=伊藤大允
バスケ情報専門サイト

 8月17日に有明アリーナで「SoftBank CUP 2023(東京大会) バスケットボール男子日本代表国際強化試合」が行われ、日本代表(FIBAランキング36位)がフランス代表(同5位)と対戦し、最終スコア70-88で敗戦を喫した。

 河村勇輝横浜ビー・コルセアーズ)、馬場雄大吉井裕鷹アルバルク東京)、ジョシュ・ホーキンソンサンロッカーズ渋谷)とともに先発に名を連ねた富永啓生(ネブラスカ大学)は、0-7で迎えた第1クォーター開始2分35秒にチーム初得点をマーク。「すごくやりやすい」河村との連携プレーなどから得点を重ね、15日のアンゴラ代表(同41位)戦に続いて2試合連続でチーム最多20得点を挙げた。

 10本中4本を沈めた3ポイントシュートだけではなく、7本中4本の2ポイントシュートを成功。相手の警戒が強まったことにより、ドライブが増えたことを明かし、「一番の武器は3ポイント。そこをもっと意識していけたらいいと思いますけど、それにはドライブも必要になってきます。自信になりましたけど、もっと決められる3ポイントはありました。精度を上げていきたいです」と強調した。

 フランス戦ではアンゴラ戦と比較して「マークされている感じがありました」というが、「アメリカでも経験していることなので、それは気にならなかったです」と、強豪国相手にいつもどおりのプレーを披露。「チームとしても個人としても自信になったし、改善しなければいけない点も見つかりました。本当にいい経験になった試合だと思います。トップレベル相手にもやれないことはないと実感しました」とも語った。

 課題の1つとしてディフェンスを挙げ、「簡単にやられてしまうことがチームとしても個人としてもありました」。3連戦最後となる19日のスロベニア代表(同7位)戦で改善を図り、8月25日開幕の「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」に挑む。

富永 啓生の関連記事

男子日本代表の関連記事

BASKETBALLKING VIDEO