2024.04.10

Wリーグ第25回の個人表彰が決定…髙田2年連続MVP、町田や渡嘉敷らベスト5に選出

第25回Wリーグレギュラーシーズンのベスト5に選出された(左から)町田、林、髙田、赤穂ひ、渡嘉敷
バスケ情報専門サイト

 Wリーグは4月10日、第25回レギュラーシーズンのアウォード表彰者を発表した。

 レギュラーシーズンMVPには、今シーズン平均14.4得点6.5リバウンド2.8アシスト、3ポイント成功率48.5パーセントを記録したデンソーアイリス髙田真希が選出され、2年連続3回目の受賞となった。

 ベスト5には、レギュラーシーズンを1位で終えた富士通レッドウェーブから町田瑠唯林咲希の2名、同2位のデンソーから髙田と赤穂ひまわりの日本代表コンビ、ENEOSサンフラワーズ渡嘉敷来夢が選出。複数回受賞の常連メンバーに初受賞の林が加わった顔ぶれとなった。

 ルーキー オブ ザ イヤー(新人王)は、京都精華学園中学・高校からシャンソン化粧品シャンソンVマジックへ入団したイゾジェ ウチェ。今シーズン2位の18.2得点、同1位の13.2リバウンドをマークしたナイジェリア出身の怪物新人が、順当に選出された。

 また、富士通を優勝に導いたBTテーブスヘッドコーチがコーチ オブ ザ イヤー、トヨタ紡織サンシャインラビッツ東藤なな子がベストディフェンダー、デンソーの赤穂さくらがベスト6thマンに、それぞれ初選出された。

 各賞を受賞した選手の一覧は以下の通り。

■ アウォード表彰者一覧

▼レギュラーシーズンMVP
髙田真希(デンソー)2年連続3回目

▼ルーキー オブ ザ イヤー
イゾジェ ウチェ(シャンソン)

▼コーチ オブ ザ イヤー
BTテーブス(富士通)初受賞

▼レフリー オブ ザ イヤー
渡邊整 4年ぶり5回目

▼ベストディフェンダー
東藤なな子(トヨタ紡織)初受賞

▼ベスト6thマン
赤穂さくら(デンソー)初受賞

ベスト5
町田瑠唯(富士通)3年連続7回目
林咲希(富士通)初受賞
赤穂ひまわり(デンソー)4年連続4回目
渡嘉敷来夢(ENEOS)3年連続12回目
髙田真希(デンソー)8年連続12回目

BASKETBALLKING VIDEO