2024.02.07

オリンピック世界最終予選のパワーランキング…女子日本代表は8位にランクイン

OQTのパワーランキング第1弾が公開[写真]=fiba.basketball
バスケ情報専門サイト

 2月7日、FIBA(世界バスケットボール連盟)は同8日から幕を開ける「FIBAオリンピック世界最終予選2024(OQT)」の出場国パワーランキングを公開した。

 1位に輝いたのは過去11度のオリンピック優勝を誇る“王者”アメリカ。層の厚さでは他の追随を許さず、五輪8連覇に向けた準備は万端と評価した。また、2位には「FIBA女子アジアカップ2023」で日本代表と死闘を繰り広げた中国がランクイン。「FIBA女子ユーロバスケット2023」で初優勝を成し遂げたベルギーは3位につけている。

 その後、フランスやオーストラリア、スペイン、カナダと世界屈指の強豪国が並ぶなか、日本は8位にランクイン。強豪ひしめく“死のグループ”に入ったこと、ペイントエリアでの戦いが不安視されている一方で、林咲希髙田真希赤穂ひまわり山本麻衣など注目選手は多いと紹介している。勝利のカギはディフェンスリバウンドと走力であり、ハーフコートゲームは急所になりうるとFIBAはチームを分析した。

 なお、日本が初戦で激突するスペインは6位、第2戦で相まみえるハンガリーは13位、最終戦で対決するカナダは7位にランクインしている。

 FIBAが発表したパワーランキングは以下のとおり。

■FIBAオリンピック世界最終予選2024 パワーランキング
1位:アメリカ
2位:中国
3位:ベルギー
4位:フランス
5位:オーストラリア
6位:スペイン
7位:カナダ
8位:日本
9位:ドイツ
10位:セルビア
11位:プエルトリコ
12位:ナイジェリア
13位:ハンガリー
14位:ブラジル
15位:ニュージーランド
16位:セネガル

BASKETBALLKING VIDEO