2024.02.10

女子日本代表が敵地ハンガリーで惜敗…パリ五輪出場権の行方はOQT最終戦へ

日本代表の髙田真希[写真]=fiba.basketball
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月10日(現地9日)、ハンガリー・ショプロンで「FIBAオリンピック世界最終予選(OQT)2024」が開催され、バスケットボール女子日本代表(FIBAランキング9位)が75-81でハンガリー代表(同19位)に敗戦。1勝1敗でカナダ代表(5位)との最終戦を迎えることになった。

 前日に強豪スペイン代表(同4位)から白星をもぎとり、五輪出場権獲得に王手をかけていた日本は、スペイン戦と同じ宮崎早織、山本麻衣、林咲希、赤穂ひまわり、髙田真希をスターティングファイブに起用。

 試合の立ち上がりから豊富な運動量で主導権を握った日本は、赤穂のレイアップで先制すると、相手のミスを誘う好守もみせながら、髙田の3ポイント、林のミドルジャンパー、赤穂のレイアップで9-0の好スタート。その後、停滞する時間帯があったものの、チーム唯一の海外組でもある馬瓜ステファニーが攻守に流れを呼び込むプレーを見せ、22-13で最初の10分を終えた。

 9点リードで迎えた第2クォーターは、両チームともにスコアを伸ばせない重い展開となったなか、キャプテンの林が連続3ポイントを沈めてリード拡大。しかし、身長208センチを誇るベルナデット・ハタールをはじめ、体格で上回るハンガリーにじわじわと詰め寄られ、12点あったリードが消滅。32-32の同点で試合を折り返した。

 ハーフタイム明けの第3クォーターも、山本の3ポイントで日本が先手をとったものの、ハンガリーも長短のショットでつないでくる一進一退の展開に。リバウンド争いで劣勢な日本はなかなか攻めきれない状況が続き、同クォーター終了間際にはデボラ・ドゥベイに3ポイントを沈められ48-53。5点ビハインドでラスト10分を迎えることになった。

 勝負の第4クォーターは開始1分半で逆転に成功しながら、ミス絡みでハンガリーに連続得点を許すなど、目まぐるしい展開に。日本は残り5分をきってこの日最大の6点ビハインドとなったなか、苦しい時間帯で山本、宮崎の先発ガードがチームを救う得点を連発。しかし、最後は地元ファンの後押しを受けるハンガリーに押し切られ、75-81でタイムアップとなった。

 日本はチーム最多タイの15得点を挙げた宮崎、山本ら、スターターの5選手が2ケタ得点をマークしたものの、チームリバウンド数で43-23と大差をつけられ敗戦。初戦で40本放った3ポイントも28本(9本成功=成功率32.1パーセント)に抑え込まれるなど、オフェンスでも苦しむ場面が散見された。

 なお、ハンガリーで開催されているOQTグループAは、日本、ハンガリー、スペイン、カナダの全4チームが1勝1敗で並ぶ大混戦。4チーム中上位3チームに与えられるパリ行き切符の行方は、最終戦までもつれることになった。3大会連続6度目の五輪出場を目指す日本の相手は、FIBAランキング5位のカナダ代表。11日23時ティップオフのOQT最終戦の模様は、NHK BSとDAZNで中継される。

■試合結果
日本 75-81 ハンガリー
JPN|22|10|16|27|=75
HUN|13|19|21|28|=81

BASKETBALLKING VIDEO