2023.01.18

麻布高校に通いながらサンロッカーズ渋谷U18でプレー…大森康瑛は文武両道を貫く

『B.LEAGUE U18 ALL☆STAR GAME』で両チーム最多得点を挙げた大森康瑛 [写真]=伊藤大允
国内外のバスケ情報をお届け!

 1月14日にアダストリアみとアリーナで行われた「ドットエスティ B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2023 IN MITO」の『B.LEAGUE U18 ALL☆STAR GAME』では、B1最年少出場記録を持つ今西優斗名古屋ダイヤモンドドルフィンズU18)をはじめ、内藤耀悠レバンガ北海道U18)や平岡勇人横浜ビー・コルセアーズU18)、須藤春輝琉球ゴールデンキングスU18)など、若きホープがお披露目された。

 B.LEAGUE U18 EAST、B.LEAGUE U18 WESTと東西2チームに分かれて争われた一戦で躍動したのがEASTの大森康瑛(サンロッカーズ渋谷U18)だ。「コーチから『積極的にオフェンスを仕掛けていけ』と言われていたので、アグレッシブに得点を取りにいこうと決めていました」。メンバーに選出された24人のなかで最も高い192センチのスモールフォワードは、鋭いドライブなどから両チーム最多21得点を挙げれば、5本のオフェンスリバウンドを含む9リバウンドに3アシスト1ブロックを記録した。

 前日13日に集まったため、チームメートと練習をこなす時間は限られていた。急造チームで難しさを感じていたというが、「試合が始まるとすごく盛り上がって、一人ひとりのプレーにも喜び合って。雰囲気がすごく良かったです」とコメント。EASTのチームメートとして戦った内藤とは、「B.LEAGUE U18 ELITE6 LEAGUE 2022」などで顔を合わせた経験がある。

「内藤くんは敵として対戦して、北海道には何度も負けていました。ずっとやられてきた選手とチームメートになって、一緒にプレーしたり、ベンチで話したりできて、すごく楽しかったです」

 U18とはいえオールスターの晴れ舞台に立った大森だが、本格的にバスケットボールを始めたのはサンロッカーズ渋谷U15に加入してから。なぜなら、中学受験に専念していたからだ。

「小学校の時はあまり本格的にバスケットをやっていなかったので、バスケを一時辞めて、中学受験しました。麻布中に入って、そこでサンロッカーズU15のトライアウトを受けて入らせてもらって、という感じです」

[写真]=伊藤大允

「麻布中」とは都内“男子御三家”の一つ、麻布学園 麻布中学校。中高6年一貫の男子校で、東京大学や京都大学など難関国立大学の合格者を多く輩出する“超”進学校だ。

 大森はSR渋谷U18でプレーする傍ら、麻布高校で学業にも励んでいる。「将来についてはまだ考えている途中ですけど、勉強とバスケットの両方をやりたいので、海外の大学に行ってみたいと考えています」と今後を見据えており、「学校から帰ったら勉強。そこから準備して、(SR渋谷U18の)練習場に向かう電車の中でも勉強して。練習中はバスケットに集中しますけど、帰りの電車でも勉強。(学校がある日は)およそ5、6時間ほど勉強しています」と話した。

「アメリカの大学を受験するには、学校の成績がすごく大事になってきます。僕はU18の練習と並行しながらテスト勉強を死ぬ気で頑張っているので、成績だけだったら結構上位だと思います」と自信をのぞかせた大森が、文武両道を貫くのは彼なりの考えがあるからだ。

「個人的な意見として、どれか1つを諦めて、ほかの1つに専念したところで、上には上がいると思います。そういうことを考えると、自分にしかできないことをできるだけやりたい。麻布に入学できて、サンロッカーズで本格的にバスケができる環境に感謝したいです。できるだけ続けていこうと思います」

 NCAA(全米大学体育協会)のD1に所属する大学に入学できたとしても、バスケットボール部でプレーするのはハードルが高い。大森も「正直、厳しいと思います。学力よりバスケットになってしまいますから」と自覚しており、「バスケのレベルが少し低くて、勉強がすごくできる大学。学力が少し低くても、バスケのレベルが高い大学もあります。アメリカには多くの大学があるので、いろいろと考えています」と明かした。

 192センチで容姿が整っているうえ、バスケットボールがうまく教養もある。非の打ち所がないようにも見えるが、「欠点は結構あって、一番はメンタルが弱いこと。試合に入ると緊張しませんけど、試合に入る前にすごく緊張しちゃって……。バスケに関しては試合の3時間くらい前から緊張し始めてしまいます」と、意外な一面もあるようだ。

 4月からは高校ラストイヤーに突入する。「(大学では)興味があるビジネスや経営学も学んでみたい」という大森が約1年後、どのような決断を下すのか。楽しみに待ちたい。

[写真]=B.LEAGUE

文=酒井伸

BASKETBALLKING VIDEO