2023.01.14

「B.LEAGUE U18 ALL☆STAR GAME」が開催…東西に分かれて才能の原石たちが激突

5本の3Pを含む18得点を挙げた平岡[写真]=伊藤大允
国内外のバスケ情報をお届け!

 1月14日、アダストリアみとアリーナで「ドットエスティ B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2023 IN MITO」が行われ、『B.LEAGUE U18 ALL☆STAR GAME』でB.LEAGUE U18 EASTとB.LEAGUE U18 WESTが対戦した。

 EASTは内藤耀悠レバンガ北海道U18)、藤井大(宇都宮ブレックスU18)、平岡勇人横浜ビー・コルセアーズU18)、倉光晴(秋田ノーザンハピネッツU18)、大森康瑛サンロッカーズ渋谷U18)が先発に名を連ね、WESTは木戸龍斗(シーホース三河U18)、稲葉耕佑(京都ハンナリーズU18)、藤原拓海大阪エヴェッサU18)、須藤春輝琉球ゴールデンキングスU18)、佐藤遼乙(名古屋ダイヤモンドドルフィンズU18)がスターティング5として出場した。

 立ち上がりこそB.LEAGUE U18 EASTに先制点を許したB.LEAGUE U18 EASTだったが、そこからは平岡の3ポイントシュートを皮切りに連続得点を挙げ、最初の5分を終えて17-5とリードを獲得。その後は点差を縮められながらも、19-14と優位に立って最初の10分を終えた。

 続く第2クォーターには、B.LEAGUE U18 EASTは大森のレイアップなどでスコアを伸ばし、2ケタのリードを奪取。途中出場の山﨑成隆(SR渋谷U18)も活躍を見せ、42-33で試合を折り返した。

 後半に入ってもB.LEAGUE U18 EASTは積極的な姿勢を崩さず、大森や平岡を軸にリードを拡大。チーム最年少の村岡遥斗(山形ワイヴァンズU15)もフリースローで得点を記録し、65-51で第3クォーターを終えた。

 最終クォーターでは意地を見せるB.LEAGUE U18 WESTを止められず、一時は5点差まで詰め寄られることに。それでも、要所で内藤のインサイドアタックや平岡の3ポイントシュートでB.LEAGUE U18 EASTが息を吹き返し、逆転は許さない。86-76でB.LEAGUE U18 EASTが勝利を収めた。

 B.LEAGUE U18 EASTは大森が試合最多の21得点をマーク。また、平岡が5本の3ポイントシュートを含む18得点、内藤が14得点と活躍を見せたほか、山﨑が10得点19リバウンドのダブルダブルを達成した。対するB.LEAGUE U18 WESTは、佐藤が19得点とチームをけん引。次いで須藤、今西優斗(名古屋D U18)が13得点と奮闘した。

■試合結果
B.LEAGUE U18 EAST 86-76 B.LEAGUE U18 WEST
EAST|19|23|23|21|=86
WEST|14|19|18|25|=76

BASKETBALLKING VIDEO