2018.11.13

開幕第4週の週間最優秀選手はパスカル・シアカムとCJ・マッカラム!

キャリア6シーズン目で初選出となったマッカラム[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

3戦無敗のラプターズでトップの平均得点を奪取したシアカム

 11月13日(現地時間12日)、NBAは開幕第4週となる11月6日(同5日)から12日(同11日)における週間最優秀選手を発表した。

 イースタン・カンファレンスではトロント・ラプターズのパスカル・シアカムが初選出。キャリア3シーズン目をプレーするカメルーン出身のフォワードは、今季スターターに定着し、ラプターズの3戦無敗に大きく貢献。期間中、シアカムはチームトップの平均20.0得点4.3リバウンドをマーク。フィールドゴール成功率72.4パーセント、フリースロー成功率98.3パーセントというすばらしい実績を残してみせた。

 リーグトップの12勝1敗を記録するラプターズにおいて、シアカムは今季全体で平均27.9分13.3得点6.7リバウンド2.1アシスト1.2スティールを奪う活躍でチームに貢献している。

高確率にショットを沈めたシアカム。好調ラプターズにおいて不可欠な選手となった[写真]=Getty Images

キャリア6シーズン目で初選出された技巧派スコアラー

 一方、ウエスタン・カンファレンスではこちらも初選出のCJ・マッカラム(ポートランド・トレイルブレイザーズ)。期間中、3戦無敗を記録したブレイザーズでマッカラムは平均25.7得点4.3リバウンド3.0アシスト。フィールドゴール成功率50.8パーセント、フリースロー成功率87.5パーセントを記録。

 なお、シアカムはラプターズ史上8人目、マッカラムはブレイザーズ史上12人目の週間最優秀選手となった。