2019.02.17

スキルズチャレンジは、ハーフコートショットでヤングを下したテイタムが優勝!

スキルズチャレンジはテイタム(セルティックス)が優勝[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

テイタムがハーフコートから放り投げたショットが一発で決まって劇的な結末に

 2月17日(現地時間16日)、スペクトラム・センター(ノースカロライナ州シャーロット)では「NBAオールスター2019」が2日目を迎え、サタデーナイトイベントが開催。最初のイベントはドリブル、パス、シュートを競う「スキルズチャレンジ」が行われた。

スキルズチャレンジを楽しんだ参加選手たち[写真]=Getty Images

 イベント前に2016年の王者カール・アンソニー・タウンズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)が登場。対戦カードの抽選が行われ、1回戦は下記の4カードで繰り広げられた。
※チーム名は略称、右側が勝者

■スキルズチャレンジ 1回戦
ニコラ・ブーチェビッチ(マジック)×ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ)
マイク・コンリー(グリズリーズ)×ジェイソン・テイタム(セルティックス)
ディアロン・フォックス(キングス)×トレイ・ヤング(ホークス)
カイル・クーズマ(レイカーズ)×ルカ・ドンチッチ(マーベリックス)

 ドリブルで障害物をかわし、定められたスポットにチェストパスをとおし、リング下でショットを決め、反対側のコートへ向かい、最後は3ポイントを決めるこのコンテスト。勝敗を分けたのはやはり最後の3ポイント。ヨキッチとテイタムは相手にリードを許すも、3ポイントを先に決めたことで準決勝へ。

■スキルズチャレンジ 準決勝
ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ)×ジェイソン・テイタム(セルティックス)
ルカ・ドンチッチ(マーベリックス)×トレイ・ヤング(ホークス)

 ドンチッチは1回戦同様に、最後の3ポイントをハーフコートから放つもミス。ヨキッチとテイタムの対決では、テイタムのシュート力がヨキッチを上回る結果に。ヨキッチは敗れた直後にいじけるシーンを見せるなど、お茶目な面も見せた。

スタッフ(左側)も驚くハーフコートショットを一発で沈めたテイタム[写真]=Getty Images

■スキルズチャレンジ 決勝
トレイ・ヤング(ホークス)×ジェイソン・テイタム(セルティックス)

 ヤングが優勢だったものの、最後の3ポイントでテイタムがハーフコートショットを放ち、鮮やかにネットをくぐりぬけて優勝。「楽しもうとして投げたら入ったんだ」とテイタム本人も喜ぶほどの見事なショットだった。

NBAオールスター2019のバックナンバー