2020.06.27

日本時間7月31日から再開するNBAの今季第二幕のスケジュールが発表/ウェスト編①

第二幕の初戦から優勝候補のレイカーズ対クリッパーズという超注目カードが実現[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 6月27日(現地時間26日、日付は以下同)、NBAは7月31日からフロリダ州オーランドで始まる今季の“第二幕”として行われるレギュラーシーズンのスケジュールを発表した。

 ここでは、ウェスタン・カンファレンスから参戦する13チームのうち、すでにプレーオフ出場を決めている6チームのレギュラーシーズン8試合におけるスケジュールを紹介していきたい。
※対戦相手のチーム名は略称、*=プレーオフ進出決定、カッコ内の勝敗は今季の対戦戦績

1位.ロサンゼルス・レイカーズ*:49勝14敗(勝率77.8パーセント)

7月31日:対クリッパーズ(1勝2敗)
8月2日:対ラプターズ(0勝1敗)
8月4日:対ジャズ(2勝0敗)
8月6日:対サンダー(3勝0敗)
8月7日:対ロケッツ(1勝1敗)
8月9日:対ペイサーズ(0勝1敗)
8月11日:対ナゲッツ(2勝1敗)
8月14日:対キングス(2勝0敗)

 第二幕の初日からクリッパーズとのウェスト頂上決戦が組まれているほか、キングスを除く7チームが勝率5割以上を残しているというハードスケジュール。サンダー、ロケッツとの2連戦もあり、気を抜けない試合が続く。

2位.ロサンゼルス・クリッパーズ*:44勝20敗(勝率68.8パーセント)

7月31日:対レイカーズ(2勝1敗)
8月2日:対ペリカンズ(2勝1敗)
8月5日:対サンズ(2勝1敗)
8月7日:対マーベリックス(2勝0敗)
8月9日:対ブレイザーズ(2勝0敗)
8月10日:対ネッツ(対戦なし)
8月13日:対ナゲッツ(1勝1敗)
8月15日:対サンダー(2勝1敗)

 対戦相手とは今季いずれも勝ち越し、あるいは五分ということを考えるとレイカーズよりもイージーなスケジュールか。8チームのうち4チームが勝率5割未満という点も注目だが、プレーオフ出場をかけて“マストウィンゲーム”で臨んでくるだけに、思わぬ取りこぼしには注意したい。

3位.デンバー・ナゲッツ*:43勝22敗(勝率66.2パーセント)

8月2日:対ヒート(1勝0敗)
8月4日:対サンダー(1勝1敗)
8月6日:対スパーズ(1勝0敗)
8月7日:対ブレイザーズ(3勝0敗)
8月9日:対ジャズ(2勝0敗)
8月11日:対レイカーズ(1勝2敗)
8月13日:対クリッパーズ(1勝1敗)
8月15日:対ラプターズ(1勝0敗)

 プレーオフ出場目指して全勝を目指すスパーズ、ブレイザーズと2連戦があるが、今季の相性は悪くないだけに、しっかりと白星を重ねたい。最後の3戦でウェスト2強と昨季の覇者という強敵と戦うことは、プレーオフへ向けて最高の準備ができると受け取っていいだろう。

プレーオフに向けて自信を見せたマレー[写真]=Getty Images

4位.ユタ・ジャズ*:41勝23敗(勝率64.1パーセント)

7月31日:対ペリカンズ(2勝1敗)
8月2日:対サンダー(1勝1敗)
8月4日:対レイカーズ(0勝2敗)
8月6日:対グリズリーズ(2勝1敗)
8月8日:対スパーズ(0勝2敗)
8月9日:対ナゲッツ(0勝2敗)
8月11日:対マーベリックス(2勝0敗)
8月14日:対スパーズ(0勝2敗)

 5位のサンダー、6位のロケッツとはわずか1.0ゲーム差、3位のナゲッツとは1.5ゲーム差のため、8試合終了後に順位が変動している可能性は高い。今季全敗を喫しているレイカーズ、スパーズ、ナゲッツに勝利できるかがポイントになりそうだ。

5位.オクラホマシティ・サンダー*:40勝24敗(勝率62.5パーセント)

8月2日:対ジャズ(1勝1敗)
8月4日:対ナゲッツ(1勝1敗)
8月6日:対レイカーズ(0勝3敗)
8月8日:対グリズリーズ(1勝1敗)
8月10日:対ウィザーズ(0勝1敗)
8月11日:対サンズ(2勝0敗)
8月13日:対ヒート(0勝1敗)
8月15日:対クリッパーズ(1勝2敗)

 ゲーム差なしのロケッツと対戦することはないものの、初戦でジャズを打ち負かすことができれば、シード順位を上げるさい先のいいスタートが切れるだろう。レイカーズ相手に一矢報いることができるか?

6位.ヒューストン・ロケッツ*:40勝24敗(勝率62.5パーセント)

8月1日:対マーベリックス(1勝1敗)
8月3日:対バックス(0勝1敗)
8月5日:対ブレイザーズ(1勝2敗)
8月7日:対レイカーズ(1勝1敗)
8月10日:対キングス(1勝1敗)
8月12日:対スパーズ(1勝1敗)
8月13日:対ペイサーズ(1勝0敗)
8月15日:対シクサーズ(1勝0敗)

 2月のトレードによって、完全にスモールボールへと切り替えたロケッツ。バックスとレイカーズという、東西のトップチーム相手にどんな戦いができるか注目だ。

ゲーム差なしで並ぶロケッツ(左/ウェストブルック)とサンダー(右/シュルーダー)の行方も気になるところだ[写真]=Getty Images