2020.10.14

ロケッツの新たな指揮官候補はタロン・ルーとジェフ・バン・ガンディか?

国内外のバスケ情報をお届け!

 9月中旬。ヒューストン・ロケッツで4シーズン、ヘッドコーチ(HC)を務めたマイク・ダントーニが来季チームへ戻らないことをオーナー陣へ伝え、退団することとなった。

 ジェームズ・ハーデンラッセル・ウェストブルックというシーズンMVP経験者を2人も擁するロケッツは、両選手のほかにもエリック・ゴードンPJ・タッカーロバート・コビントン、オースティン・リバース、ジェフ・グリーンといった選手がおり、ウェスタン・カンファレンス上位の戦力を誇る強豪である。

 だがシーズン終了となった時点で、ロケッツはダントーニHCに代わる新たな指揮官が決まっていない。『ESPN』によると、ロサンゼルス・クリッパーズの指揮官を解任されたドック・リバースを後任と考えていたものの、わずか3日後にリバースはフィラデルフィア・セブンティシクサーズのHCへと就任。

 そこで現在候補に挙がっているのは、クリッパーズでアシスタントコーチを務めているタロン・ルー、ニューヨーク・ニックスとロケッツで指揮官を務めた経験を持ち、現在は解説を務めているジェフ・バン・ガンディの2名。

 ロケッツは10月13日(現地時間12日、日付は以下同)にルーと面談しており、15日にバン・ガンディと面談する予定だと『The New York Times』のマーク・スタイン記者が報じていることから、早ければ今週中にも新HCが発表されることだろう。

BASKETBALLKING VIDEO