2021.02.02

今季第6週の週間最優秀選手にジェームズ・ハーデンとニコラ・ヨキッチが選出!

ネッツのハーデン(左)とナゲッツのヨキッチ(右)[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月2日(現地時間1日、日付は以下同)。NBAは第6週のプレーヤー・オブ・ザ・ウィーク(週間最優秀選手)を発表した。選考期間は1月26日から2月1日までとなっている。

 イースタン・カンファレンスからはブルックリン・ネッツのジェームズ・ハーデン(今季初/通算25度目)、ウェスタン・カンファレンスではデンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチ(今季2度目/通算8度目)が選ばれた。

 ネッツ加入後としては初選出となったハーデンは、期間中に平均25.3得点7.3リバウンド11.3アシスト1.0スティール1.0ブロックにフィールドゴール成功率56.8パーセント、3ポイント成功率55.0パーセント、フリースロー成功率88.2パーセントと絶好調。

 1日に行なわれたワシントン・ウィザーズ戦で、ネッツは惜しくも敗れたものの、ハーデンが出場した3試合でチームは無敗だった。

 一方のヨキッチは、2週連続で週間MVPに選出。ナゲッツの選手としては、2006年のカーメロ・アンソニー(現ポートランド・トレイルブレイザーズ)以来初、通算8度はフランチャイズ史上2番目の選出回数となった。

 25歳の万能型ビッグマンは、期間中に平均30.8得点10.8リバウンド4.3アシスト1.3スティールをマーク。フィールドゴール成功率62.3パーセント、3ポイント成功率45.5パーセントと好調を維持し、チームを3勝1敗へと導く殊勲者となっている。

BASKETBALLKING VIDEO