2021.09.06

グリズリーズとセルティックスがトレード合意…フアンチョ・エルナンゴメスがセルティックスへ

フアンチョ・エルナンゴメスがセルティックスへ移籍[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 9月5日(現地時間4日、日付は以下同)、メンフィス・グリズリーズとボストン・セルティックスの2チームがトレードに合意したと『ESPN』などが報じた。

 グリズリーズはフアンチョ・エルナンゴメスを放出し、セルティックスからクリス・ダン、カーセン・エドワーズ、2026年のドラフト2巡目指名権の交換権を獲得するとのこと。


 スペイン出身で現在25歳のエルナンゴメスは、206センチ97キロのビッグマン。2012年にスペインでプロデビューし、2016年にデンバー・ナゲッツへ入団した。ナゲッツで3シーズン半過ごしたのち、2019−20シーズン途中にミネソタ・ティンバーウルブズへトレードされ、昨シーズン終了後の8月25日にパトリック・ベバリートのトレードでグリズリーズへ移っていた。

 昨シーズンは52試合の出場で平均7.2得点4.0リバウンド、3ポイントシュート成功率32.7パーセントを記録しており、3ポイントを打てるビッグマンとしてフロアを広げる役割が期待されている。

 一方、グリズリーズへ移ったダンは191センチ93キロのガードで、2016年にウルブズでNBAデビュー。昨シーズンはアトランタ・ホークスでプレーしたが、ケガの影響でわずか4試合の出場に留まり、シーズン終了後にセルティックスへトレードされていた。また、現在23歳のエドワーズは2019年にNBA入りし、昨シーズンは31試合に出場していた。

 なお、『ESPN』によると、現在グリズリーズはロスターを整理中で、ダンとエドワーズの2選手は再びトレードされる可能性があるという。

BASKETBALLKING VIDEO