2022.08.22

現地メディアが選ぶNBA新シーズンのベストPGトップ25…世代交代の波をカリーが阻む

トップ3に選ばれたドンチッチ(左)、カリー(中央)、モラント(右)[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 NBAの2022-23シーズンの開幕まで、約2カ月となった。現地メディアの「FADEAWAY WORLD」は新シーズンにおいて、ポイントガードのランキングを発表。トップ25人の選手たちを選出した。

 現代のリーグにおいてポイントガードのポジションは選手層が厚く、ベテランや若手とさまざまな世代の司令塔がしのぎを削っている。その中でも現地のメディアが期待を寄せる選手や、昨シーズンに評価を大きく下げた選手など、ランキングは興味深い並びとなった。

2022-23シーズン NBAベストポイントガード トップ25

※所属チーム8月21日現在
※年齢はシーズン開幕の現地時間10月18日時点

1位ステフィン・カリー(34歳/ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
2位ルカ・ドンチッチ(23歳/ダラス・マーベリックス)
3位ジャ・モラント(23歳/メンフィス・グリズリーズ)
4位デイミアン・リラード(32歳/ポートランド・トレイルブレイザーズ)
5位トレイ・ヤング(24歳/アトランタ・ホークス)
6位カイリー・アービング(30歳/ブルックリン・ネッツ)
7位クリス・ポール(37歳/フェニックス・サンズ)
8位ドリュー・ホリデー(32歳/ミルウォーキー・バックス)
9位シェイ・ギルジャス・アレクサンダー(24歳/オクラホマシティ・サンダー)
10位ダリアス・ガーランド(22歳/クリーブランド・キャバリアーズ)
11位ラメロ・ボール(21歳/シャーロット・ホーネッツ)
12位:フレッド・バンブリート(28歳/トロント・ラプターズ)
13位タイリース・マクシー(21歳/フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)
14位ケイド・カニングハム(21歳/デトロイト・ピストンズ)
15位ジャマール・マレー(25歳/デンバー・ナゲッツ)
16位ディアロン・フォックス(24歳/サクラメント・キングス)
17位マーカス・スマート(28歳/ボストン・セルティックス)
18位ベン・シモンズ(26歳/ブルックリン・ネッツ)
19位タイリース・ハリバートン(22歳/インディアナ・ペイサーズ)
20位ジェイレン・ブランソン(26歳/ニューヨーク・ニックス)
21位ラッセル・ウェストブルック(33歳/ロサンゼルス・レイカーズ)
22位ロンゾ・ボール(24歳/シカゴ・ブルズ)
23位ディアンジェロ・ラッセル(26歳/ミネソタ・ティンバーウルブズ)
24位カイル・ラウリー(36歳/マイアミ・ヒート)
25位ジョン・ウォール(32歳/ロサンゼルス・クリッパーズ)

ウォリアーズはプレーオフで、モラント擁するグリズリーズとドンチッチ率いるマブスを破り、ファイナルへと進出した[写真]=Getty Images

 首位には昨シーズンに自身4つ目のチャンピオンリングを獲得し、初のファイナルMVPを手にしたカリーが輝いた。驚異のシュート力を備えた司令塔は、リーグを代表する選手としてまだまだ健在だ。

 2位にはドンチッチ、3位にはモラント、さらに5位にはヤングと近年台頭してきた若手ガード陣が名を連ねた。プレースタイルもキャラクターも異なる3人を筆頭に、ポイントガードのポジションには世代交代の波が到来している。

 そんななか、4位に選ばれたのはリラードだ。昨シーズンは長年悩まされていたという腹部の手術を受け、キャリアワーストとなる29試合の出場にとどまると、チームも9シーズンぶりにプレーオフ出場を逃した。ブレイザーズ一筋11年目を迎えるスコアリングガードは、その借りを返すべく、健康体で今シーズンに挑む。

チャウンシー・ビラップスHC体制2年目に向けて、ブレイザーズはオフに積極的な選手補強を行った[写真]=Getty Images

 6位以降のアービングやポール、ホリデーとベテラン陣もしっかりと上位にランクインしているが、その後は20代前半の若手選手たちの名前が多く見受けられ、大きな期待を受けているのが分かる。

 ルーキイヤーを終えたばかりのカニングハムが14位となるなか、元MVPのウェストブルックは21位に。チームの成績も振るわず、昨シーズンは評価を大きく下げることとなってしまったが、今シーズンはリベンジに燃えているはずだ。

 そのほかにも15位のマレーや18位のシモンズなど、昨シーズンはプレーしなかった選手たちも再起に向けて気合を入れているだろう。その中でも25位のウォールには、注目している人も多いのではないだろうか。

 オフシーズンにカワイ・レナードポール・ジョージを擁するクリッパーズに加入したウォール。昨シーズンはプレーしなかった元オールスターガードは、直近5シーズンすべてで半分以上の試合を欠場するなど、ケガにも苦しんだ。優勝候補の一角であるクリッパーズの成功には、彼の完全復活が必要不可欠だ。

ワシントン・ウィザーズ時代のウォールは得点やアシストを量産し、5年連続のオールスターに選出された[写真]=Getty Images

BASKETBALLKING VIDEO