2023.07.02

ホーネッツのラメロ・ボールが延長契約合意…2020年のドラフト組3人目のマックス額選手に

ホーネッツとの巨額な延長契約に合意したボール[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 7月2日(現地時間1日、日付は以下同)。シャーロット・ホーネッツラメロ・ボールが5年で最大2億6000万ドル(約374億4000万円)というマックス額の延長契約に合意したと代理人が『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者へ伝えた。

 『ESPN』によると、これまでホーネッツはオーランド・マジックと並んで1億2000万ドル(約172億8000万円)を上回る契約を結んだことがなかった。過去にこの球団はゴードン・ヘイワード、現在ロサンゼルス・クリッパーズでプレーするニコラ・バトゥームと同額の高額契約を結んできたのだが、今回のボールの延長契約は両選手の合計額をも上回るものとなった。

 来月22歳を迎えるボールは、201センチ81キロの長身ポイントガード。2020年のドラフト1巡目全体3位でホーネッツから指名され、ルーキーシーズン(2020-21)に平均15.7得点5.9リバウンド6.1アシスト1.6スティールを残して新人王に選出。

 続く2021-22シーズンには平均20.1得点6.7リバウンド7.6アシスト1.6スティールをマークしてオールスターに初選出。だが昨シーズンは足首のケガに悩まされてしまい、わずか36試合の出場に終わった。

 それでも、ボールは独創的なボールハンドリングや華麗なパスさばきで観客を魅了し、平均23.3得点6.4リバウンド8.4アシスト1.3スティールを残している。

 昨シーズンのホーネッツはイースタン・カンファレンス14位の27勝55敗へ低迷し、7年連続でプレーオフから遠ざかっているだけに、このチームがプレーオフへ返り咲くためにはボールの活躍が不可欠となる。

 なお、2020年のドラフト組ではボールのほか、1巡目12位指名のタイリース・ハリバートン(インディアナ・ペイサーズ)、同30位指名のデズモンド・ベイン(メンフィス・グリズリーズ)もマックス額の延長契約に合意しているだけに、彼らが見せる今シーズンのパフォーマンスは必見だ。

BASKETBALLKING VIDEO