2023.07.11

リラードのトレード要求報道から約2週間…ブレイザーズGMは「辛抱強くやっていく」

今月上旬にトレード要求と報じられたリラード[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 7月11日(現地時間10日、日付は以下同)。ポートランド・トレイルブレイザーズのジョー・クローニンGM(ゼネラルマネージャー)がネバダ州ラスベガスのトーマス&マックセンターで会見に応じた。

 今夏のフリーエージェント(FA)戦線で、ブレイザーズは制限なしFAのジェレミー・グラントと再契約、制限付きFAだったマティース・サイブルの引き留めにも成功し、ドラフトでは1巡目全体3位でガードのスクート・ヘンダーソンを指名しており、戦力増強を図っている。

 だが今月2日にフランチャイズプレーヤーのデイミアン・リラードがブレイザーズへトレード要求と報道。そこでクローニンGMは「我々はデイムへここにいてほしいと明確にしましたが、彼は今日ここを出ることを望み、ほかのどこかでプレーしたいと通達してきました」と声明を発表。

 リラードが望んでいる移籍先は、昨シーズンのイースタン・カンファレンス王者のマイアミ・ヒート。ジミー・バトラーバム・アデバヨという強固な核がおり、直近4シーズンでNBAファイナルへ2度、カンファレンス・ファイナルには3度も勝ち上がっている強豪チームだ。

 先日、リラードの代理人を務めるアーロン・グッドウィンは「ジョーとポジティブな話し合いをした。そこで私はデイミアンが(ブレイザーズ側と)座って、マイアミと有意義な交渉をしたがっていると話した。ジョーとブレイザーズはそうしてくれると思う」と地元メディア『The Oregonian』へ語っていた。

 ところが、トレード要求の報道から約2週間が経過した現在も、リラードのトレードトークはあまり進展がないというのが現状。ブレイザーズとヒートの2チーム間では難しく、第3、第4、あるいは第5のチームが絡んだ超大型トレードになる可能性も浮上している。

 今月15日に33歳を迎えるリラードは、昨夏ブレイザーズと2年の延長契約を締結したことで、現行契約は最終年こそプレーヤーオプションながら、4年で総額2億ドル(約282億円)以上という莫大なサラリーということもあり、交渉に決着がつくまで長引くことになるとクローニンGMは言う。

「我々は辛抱強く、このチームにとってベストなことをやっていく。どのような決着を迎えるのかを見ていくことになるだろう。そしてそれが数カ月要するのであれば、数カ月間かかるということだ」

 今シーズンのトレーニングキャンプ開始は10月4日と先日『ESPN』が報じているのだが、その時までにリラードのトレードがまとまるかどうかも現時点では微妙と言わざるを得ない。

 ブレイザーズ、ヒート、そしてリラード。彼らにとってベストなトレードとなるべく、どんなチームが絡んでくるか、どのような見返りを手にすることになるかも気になるところだ。

BASKETBALLKING VIDEO