2023.11.28

八村塁欠場のレイカーズが完敗…シクサーズはエンビード、マクシー躍動し2連勝

自身通算6度目のトリプルダブルを達成したエンビード[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月28日(現地27日)、各地でNBAの2023-24シーズン公式戦が行われ、八村塁が所属するロサンゼルス・レイカーズと、フィラデルフィア・セブンティシクサーズが対戦した。

 試合は立ち上がりこそレイカーズがリードしていたものの、第1クォーター残り7分にシクサーズがタイリース・マクシーの3ポイントで逆転してからは、常にホームチームが主導権を握る展開に。

 試合トータルで3ポイント成功率47.8パーセントをマークしたシクサーズは、第2クォーター途中の時点で25得点差までリードを広げ、18点差で突入した第4クォーターに突き放し138-94で快勝。今シーズン12勝目(5敗=勝率.706)を手にした。

 シクサーズの“大黒柱”ジョエル・エンビードは30得点11アシスト11リバウンドでキャリア通算6度目のトリプルダブルを達成し、マクシーはゲームハイの31得点8アシストをマーク。

 敗れたレイカーズは、レブロン・ジェームズがチーム最多18得点、アンソニー・デイビスが17得点11リバウンドのダブルダブルとしたものの、今シーズン8敗目(10勝=勝率.556)を喫した。

 なお、23日のダラス・マーベリックス戦で鼻骨を骨折した八村塁は2試合連続で欠場。少なくともアウェー4連戦の最終戦となる12月1日のオクラホマシティ・サンダー戦までは、チームに帯同しないことが発表されている。

■ 試合結果
セブンティシクサーズ 138-94 レイカーズ
PHI|32|36|30|40|=138
LAL|19|34|27|14|=94

BASKETBALLKING VIDEO