2023.12.08

悪夢の18連敗に陥ったピストンズ…先発センターのジェイレン・デューレンが2週間の離脱

デューレンはピストンズが誇る若手ビッグマン[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 12月8日(現地時間7日、日付は以下同)。デトロイト・ピストンズジェイレン・デューレンが、左足首捻挫のため2週間を欠場する見込みだと『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者が報じた。

 キャリア2年目のデューレンは、208センチ113キロの20歳。今シーズンは主に先発センターとして14試合に出場し、平均12.6得点2.5アシスト1.4ブロックにチームトップの10.9リバウンド、フィールドゴール成功率63.0パーセントを記録。

 だが7日のメンフィス・グリズリーズ戦で30分8秒プレーして17得点11リバウンド1ブロックを残すも、第4クォーター残り1分58秒に左足を痛めてコートを去っていた。

 ピストンズはこのグリズリーズ戦でベテランスコアラーのボーヤン・ボグダノビッチが2戦連続で22得点、ケイド・カニングハムが16得点4リバウンド10アシスト2スティール、キリアン・ヘイズが12得点4アシストを記録。だがグリズリーズはデズモンド・ベインが49得点6リバウンド8アシスト2ブロックの大暴れ、ジャレン・ジャクソンJr.にも24得点3ブロックを許し、102-116で敗戦。

 これでピストンズ(2勝19敗)は悪夢の18連敗。10月29日のシカゴ・ブルズ戦を最後に、1カ月以上も白星から遠ざかっている。しかも、12月9日にはオーランド・マジック、12日にはインディアナ・ペイサーズ、14、16日にはフィラデルフィア・セブンティシクサーズ、17日にはミルウォーキー・バックスと、イースタン・カンファレンス上位チームとの試合が組まれており、タフな展開が続くだけに、先発センター離脱は大きな痛手となりそうだ。

BASKETBALLKING VIDEO