2023.12.23

キングスの波状攻撃に苦しんだサンズ、最大29点差を覆せず黒星…渡邊雄太は第4Qに得点

デュラント(左)は28得点7リバウンドを記録[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 12月23日(現地時間22日)、渡邊雄太所属のフェニックス・サンズが敵地のゴールデン1・センターでサクラメント・キングスと対戦した。

 20日のポートランド・トレイルブレイザーズ戦は104-109での黒星となったサンズ。キングス戦の先発にはデビン・ブッカーケビン・デュラントエリック・ゴードングレイソン・アレン、ドリュー・ユーバンクスが名を連ねた。

 直近の2試合で出場機会を逃していた渡邊は、第1クォーターの終盤にコートインするも、立て続けにファウルを吹かれベンチへ。30-35とサンズの5点ビハインドで迎えた第2クォーター、ブッカーやデュラントの得点でキングスを追いかけるサンズだったが、54-65と2ケタ点差に戻されハーフタイムに突入した。

 第3クォーターではキングスの早いペースに守備が戻り切れず、波状攻撃から点差を拡大される苦しい展開に。中盤には試合最大の29点差をつけられるも、デュラントの個人技を中心にやや巻き返し、84-103と19点を追いかける形で試合は最後のクォーターへ。

 第4クォーターの冒頭から渡邊はコートに戻り、積極的に3ポイントシュートを放つ。ブッカーやデュラントの個人技などで得点をつなげるも、残り3分半を切ったタイミングで主力をベンチへ下げ、渡邊は同1分にドライブからジャンパーを成功。逆転はならず、最終スコア105-120でサンズの黒星となった。

 アウェーでの2連戦目を黒星で終えたサンズは、デュラントが28得点7リバウンド、ブッカーが24得点4リバウンド7アシストをマーク。渡邊は11分42秒のプレータイムを記録し、2得点2リバウンドをマークした。一方、キングスはドマンタス・サボニスが28得点11リバウンド11アシストのトリプルダブルを達成している。

■試合結果
フェニックス・サンズ 105-120 サクラメント・キングス
PHX|30|24|30|21|=105
SAC|35|30|38|17|=120

渡邊 雄太の関連記事

BASKETBALLKING VIDEO