2024.03.26

グリズリーズが敵地でナゲッツに完敗…渡邊雄太は12試合連続で欠場

トリプルダブルに迫る活躍を見せたナゲッツのヨキッチ[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 3月26日(現地25日)、NBA2023-24レギュラーシーズン公式戦が行われ、渡邊雄太所属のメンフィス・グリズリーズデンバー・ナゲッツに103-128で敗れた。

 ウェスタン・カンファレンス13位に低迷しているグリズリーズは、GG・ジャクソン、サンティ・アルダマ、デズモンド・ベイン、スコッティ・ピッペンJr、ジャレン・ジャクソンJr.が先発出場。

 第1クォーターから一度もリードを奪うことができずに24-39と主導権を握られると、前半終了時点で25点差に突き放される苦しい試合運びに。長距離砲を浴びた前半とは打って変わって、後半はペイント内での失点が続き、大量ビハインドをひっくり返すことができなかった。

 グリズリーズはチーム最多19得点を挙げたラマー・スティーブンスら5名が2ケタ得点をマークしたが、これで今シーズン24勝48敗の借金24。2日のポートランド・トレイルブレイザーズ戦を最後にコートから離れている渡邊は、この日も「個人的理由」でベンチ入りせず、12試合連続の欠場となった。

 一方、勝利したナゲッツは51勝21敗の貯金30とし、ウェスタン・カンファレンス首位の座をキープ。2021年、2022年と過去2度シーズンMVPに輝いた大黒柱のヨキッチが、ゲームハイの29得点11リバウンド8アシストと存在感を示した。

■試合結果
MEM|24|20|32|27|=103
DEN|39|30|30|29|=128

BASKETBALLKING VIDEO