2024.03.31

キングスに大打撃…最優秀シックスマン賞候補のマリーク・モンクが最低1カ月の離脱

キングスのシックスマンが戦線離脱[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月31日(現地時間30日、日付は以下同)。サクラメント・キングスのマリーク・モンクが、右ヒザ内側側副靱帯を捻挫したことで、4~6週間を離脱する見込みと『ESPN』が報じた。

 30日にホームのゴールデン1・センターで行われたダラス・マーベリックス戦。キングスは42分以上にわたってリードしていたものの、103-107で惜敗して2連敗。

 その試合でモンクはルカ・ドンチッチのドライブに対してカバーに入ったものの、着地後にドンチッチがヒザへ倒れ込んでしまい、1分26秒の出場でコートを後にしていた。

 31日の時点で、2シーズン連続のプレーオフ進出を目指すキングスはウェスタン・カンファレンス8位の42勝31敗。7位のフェニックス・サンズ(43勝31敗)と0.5ゲーム差、9位のロサンゼルス・レイカーズ(41勝33敗)とは1.5ゲーム差におり、熾烈な順位争いを繰り広げている。

 キングス在籍2年目のモンクは、今シーズンに72試合へ出場していずれもキャリアハイとなる平均15.4得点5.1アシストに2.9リバウンドを残し、最優秀シックスマン賞の有力候補に挙がっていた。

 なお、キングスはモンクが4週間後に再検査を受ける予定と発表。この男が今シーズンのうちに戦列復帰するためには、キングスが「NBAプレーオフ2024」へ進出することが絶対条件となる。

 ただ、キングスはモンクに加え、平均10.2得点3.5リバウンド2.6アシストを残すガードのケビン・ハーターも左肩手術のため一足早く今シーズンを終えており、戦力不足のなかで戦い抜くことが求められることとなった。

BASKETBALLKING VIDEO