2024.07.08

クレイ・トンプソンのマブス移籍はNBA史上最多6チーム間のサイン&トレードに発展

トンプソン(右)やジャクソン(左)らが移籍[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 7月7日(現地時間6日、日付は以下同)。NBAではFA(フリーエージェント)選手との契約解禁を迎え、複数のチームが新加入選手との契約や在籍選手との延長契約を発表した。

 そうしたなか、2日に合意と報じられた、クレイ・トンプソンが絡んだ3チーム間のサイン&トレードは、最終的に6チーム間の大型トレードへ発展。6チームによるトレードはNBA史上初とのこと。

 ダラス・マーベリックスミネソタ・ティンバーウルブズゴールデンステイト・ウォリアーズデンバー・ナゲッツシャーロット・ホーネッツフィラデルフィア・セブンティシクサーズによるトレードは下記のとおり。

NBA史上最多6チーム間のサイン&トレード

・マーベリックス獲得
クレイ・トンプソン
2025年のドラフト2巡目指名権

・ウルブズ獲得
2025年のドラフト2巡目指名権
2031年のドラフト2巡目指名権の交換権
金銭

・ウォリアーズ獲得
カイル・アンダーソン
バディ・ヒールド

・ナゲッツ獲得
金銭

・ホーネッツ獲得
ジョシュ・グリーン
レジー・ジャクソン
2029、2030年のドラフト2巡目指名権

・シクサーズ獲得
2031年のドラフト2巡目指名権

BASKETBALLKING VIDEO