2023.03.01

3年生ながらシニアナイトに出席する富永啓生…「絶対諦めない、バスケが大好きだから」

直近の7試合すべてで2ケタ得点を挙げている富永(左)[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月1日(現地時間2月28日)時点で15勝14敗を記録し、BIG10カンファレンスで14チーム中12位につけているネブラスカ大学。2年目を過ごしている富永啓生は直近の7試合すべてで2ケタ得点をマークするなど、頼れるシューターとしてチームを勝利に導く活躍を残している。

 以前は短大で2シーズンをプレーしていたものの、新型コロナウイルスの影響が考慮され、特例として2020-21シーズンがカウントされなかった富永。そのため、現在は3年生ながら実質“4年目”のシーズンを迎えていることになる。1日のミシガン州立大学戦はネブラスカ大にとって今季最後のホーム開催であり、卒業を控えた4年生を称えるシニアナイトで富永もセレモニーに出席することが発表されていた。

 式典に先立ち、チームの公式Twitterから富永に焦点を当てた動画が公開。「このようなチームにいることができて、本当に感謝しています」と、チームメートやファンに感謝の言葉を述べている。

「僕たちは素晴らしいチームで、ファンにも恵まれていますね。僕は『毎日バスケットボールをする』という目標を追い続けています。子供の頃からプレーしていましたし、絶対に諦めたくないと思っていました。なぜならバスケットボールが大好きだからです。自分でも驚いていますし、きっとチームメートも同じ気持ちでしょう。それが僕の情熱だと思いますし、これが僕のバスケットボールなんです」

 動画にはフレッド・ホイバーグヘッドコーチ、チームメートでシニア(4年生)のエマニュエル・バンドゥメルとサム・グリーセルも登場。バンドゥメルは「ケイセイは特別であり続け、みんなの顔を笑顔にしてくれる」と、富永が持つ影響力を賞賛した。

頼れるシューターである富永にホイバーグHCは全幅の信頼を置く[写真]=Getty Images

 チームの指揮官は「君の成長を誇りに思うよ、ケイセイ」と語り、バンドゥメルは「君は素晴らしいエンターテイナーだ」と、笑みをこぼす。また、ともに先発を務めるグリーセルは「コートの内外で、君のエネルギーをありがたく感じているよ。とても伝染しやすいんだ」と、敏腕シューターに助けられている場面が多々あるようだ。

「ネブラスカは君を深く愛しているし、君には想像もつかないほどの明るい未来が待っている。僕にできることなら、何でもサポートさせてくれ」ともホイバーグHCに言わしめる富永。ミシガン州立大戦でも素晴らしいパフォーマンスを披露し、ぜひともシニアナイトを勝利で飾ってもらいたい。

BASKETBALLKING VIDEO