2024.02.26

好調続くネブラスカ大、盤石の戦いぶりで連勝数を「4」に…富永啓生は3ポイント不発も6得点

6得点2リバウンド2アシストを挙げた富永/写真は22日・インディアナ大戦のもの[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 2月26日日(現地時間25日)、NCAAディビジョン1の2023-24シーズン公式戦が行われ、バスケットボール男子日本代表富永啓生が所属するネブラスカ大学がミネソタ大学と対戦した。

 ロースコアの展開となった前半、先発の富永はフリースローで初得点に成功。代名詞の3ポイントシュートはなかなか決められずも、レイアップでスコアにつなげていく。28-20とネブラスカ大の8点リードで迎えた後半、主導権をつかんだネブラスカ大が一気にミネソタ大を突き放し、富永もジャンパーで得点。最後まで崩れることなく、73-55で勝利を収めた。

 約20分の出場時間を記録した富永は、6得点2リバウンド2アシスト1スティールをマーク。得意の3ポイントは4本すべてをミスする形となったが、要所でのペイントアタックやミドルシュートに加え、味方へのアシストでチームの勝利に貢献している。

 通算成績を20勝8敗とし、4連勝と波に乗るネブラスカ大。次戦、3月1日にはオハイオ州立大学と激突する。

BASKETBALLKING VIDEO