2017.08.01

奈良が23歳の新外国籍選手を獲得「とてもエキサイトしている」

奈良がフォワードのクリス・ジェンキンスを獲得[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 バンビシャス奈良は8月1日、クリス・ジェンキンスとの選手契約が基本合意に達したことを発表。正式契約はメディカルチェック終了後となる。

 アメリカ出身で現在23歳のジェンキンスは、201センチ86キロのスモールフォワード。2013年から昨シーズンまでNCAA所属のデトロイト・マーシー大学でプレーした。

 奈良でキャリアをスタートさせるジェンキンスは、クラブの公式HPにて「日本へ行き、バンビシャス奈良でプレーできることにとてもエキサイトしています。私にとって、プロキャリアを開始する素晴らしい場所であると感じています」と喜びを口にした。

 なお、奈良は1日時点で本多純平樋口真斗小松秀平寺下太基の4選手との契約継続を発表し、西宮ストークスから石橋晴行松本健児リオン横浜ビー・コルセアーズから喜久山貴一を獲得。計8選手をロースターにそろえている。