2018.01.11

滋賀レイクスターズの田中大地、シーズン途中での早期引退を決断「後悔はない」

クラブは田中の早期引退を「今季中の戦列復帰が見込めないため」と説明 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 滋賀レイクスターズは1月10日、双方合意の上で田中大地との選手契約を12日付けで解除すると発表。同選手は10月に2017-18シーズン限りでの現役引退を発表しており、一足早く現役生活に終止符を打つこととなった。

 東京都出身の田中は、1989年2月5日生まれの28歳。練馬高校、東京成徳大学を経て、2012年にデイトリックつくばでキャリアを始めた。2013-14シーズンはつくばロボッツ(現茨城ロボッツ)でプレーし、2014年から2シーズンにわたって富山グラウジーズに所属。Bリーグ開幕の2016-17シーズンに滋賀へ移籍すると、40試合で157得点(1試合平均3.9得点)144リバウンド(同3.6リバウンド)を挙げた。今季は第15節を終え、2試合の先発を含む11試合に出場していた。

 クラブは早期引退の理由を「昨季手術した左膝の回復状況が思わしくなく、今季中の戦列復帰が見込めないため」と説明した。

 田中はクラブの公式HPをとおして「今までご声援をいただき、本当にありがとうございました。改めて自分の体を見つめ直して、これ以上プレーをするのは限界だと感じました。大好きなバスケットがもうできないのは悔しいですが、自分の体の限界までやることができたので、後悔はないです。シーズンはまだ続きますので、引き続きレイクスへの応援をどうぞよろしくお願いします!」とコメントした。