2018.04.03

秋田ノーザンハピネッツの連勝がストップ、ライジングゼファー福岡は次節にもPO出場が決定/B2第26節

第26節が終了し、レギュラーシーズンは残り11試合 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月31日と4月1日に各地でB2リーグ第26節が行われた。

 西地区首位につけるライジングゼファー福岡を前に秋田ノーザンハピネッツの連勝記録が「22」でストップ。第1戦は記録を伸ばしたものの、第2戦は同点で迎えた後半に突き放された。岩手ビッグブルズ愛媛オレンジバイキングスとの第1戦を84-83で競り勝ち、2試合ぶりの白星を手にしたが、続く第2戦は61-88で敗れた。仙台89ERS茨城ロボッツを相手に連敗を喫し、5試合白星がない。

 中地区は1位のFイーグルス名古屋、2位の群馬クレインサンダーズがそれぞれ1勝1敗で終わったのに対し、茨城が7連勝で首位とのゲーム差を「2」まで縮めた。信州ブレイブウォリアーズは第1戦で3連勝を飾ったが、続く第2戦は第4クォーターに26得点を許して81-85で競り負けた。

 秋田と星を分け合った福岡だが、「B2 PLAYOFFS 2017-18」進出マジックを「1」に。第27節第1戦で群馬に勝利、もしくは福島が青森ワッツに敗れた場合、B1昇格への挑戦権を得る。西地区2位の熊本ヴォルターズ香川ファイブアローズから2勝を挙げ、3連勝を達成。その他、同6位のバンビシャス奈良は直近10試合で5勝5敗と持ち直し、最下位脱出に向けて奮闘している。

■B2リーグ第26節終了時点
・東地区
1位:秋田ノーザンハピネッツ(44勝5敗)
2位:福島ファイヤーボンズ(29勝20敗)
3位:山形ワイヴァンズ(20勝29敗)
4位:仙台89ERS(18勝31敗)
5位:青森ワッツ(13勝36敗)
6位:岩手ビッグブルズ(7勝42敗)

・中地区
1位:Fイーグルス名古屋(30勝19敗)
2位:群馬クレインサンダーズ(28勝21敗)
3位:茨城ロボッツ(28勝21敗)
4位:金沢武士団(25勝24敗)
5位:信州ブレイブウォリアーズ(22勝27敗)
6位:アースフレンズ東京Z(19勝30敗)

・西地区
1位:ライジングゼファー福岡(40勝9敗)
2位:熊本ヴォルターズ(36勝13敗)
3位:愛媛オレンジバイキングス(26勝23敗)
4位:広島ドラゴンフライズ(26勝23敗)
5位:香川ファイブアローズ(17勝32敗)
6位:バンビシャス奈良(13勝36敗)

ワイルドカード
1位:熊本ヴォルターズ(36勝13敗)
2位:福島ファイヤーボンズ(29勝20敗)
3位:群馬クレインサンダーズ(28勝21敗)
4位:茨城ロボッツ(28勝21敗)
5位:愛媛オレンジバイキングス(26勝23敗)
6位:広島ドラゴンフライズ(26勝23敗)
7位:金沢武士団(25勝24敗)
8位:信州ブレイブウォリアーズ(22勝27敗)
9位:山形ワイヴァンズ(20勝29敗)
10位:アースフレンズ東京Z(19勝30敗)
11位:仙台89ERS(18勝31敗)
12位:香川ファイブアローズ(17勝32敗)
13位:青森ワッツ(13勝36敗)
14位:バンビシャス奈良(13勝36敗)
15位:岩手ビッグブルズ(7勝42敗)