2020.06.19

大阪エヴェッサ、土屋アリスター時生と契約合意「スピードと身体能力を生かしてベストを尽くす」

大阪エヴェッサへ加入する土屋アリスター時生[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 大阪エヴェッサは19日、自由交渉選手リストに公示されていた土屋アリスター時生との契約合意を発表した。背番号は「7」を背負う。

 イギリス出身で日本国籍を持つ同選手は、現在24歳で198センチ95キロのパワーフォワード兼センター。大阪教育大学在学中の2016年に西宮ストークスへ特別指定選手として加入し、その後正式に契約。在籍4年目の今シーズンは、36試合の出場で80得点(平均2.2得点)41リバウンド(同1.1リバウンド)を記録した。

 大阪への加入が決まった土屋は、クラブ公式HPで「自分の通った大学のある大阪という地でプレーできること光栄に思っています。また、大学で4年間、特別指定選手として2年間プレーした天日謙作ヘッドコーチのシステムでまたバスケットボールができることを楽しみにしています。自分の持ち味であるスピードと身体能力を生かして、大阪エヴェッサのためにベストを尽くしますのでどうぞよろしくお願いします」とメッセージを送っている。

 なお、大阪は角野亮伍、エリエット・ドンリー、駒水大雅ジャックの獲得をすでに発表している。