2020.10.16

bjリーグ時代から続く“京阪”ダービー、大阪エヴェッサは戦況に応じて攻め手を変えながら京都ハンナリーズの守備を攻略したい

1986年生まれ。バスケットボールのライターとして3x3が得意領域。国内外のトレンドを追い、競技の歴史を紡いでいます。5人制もbjリーグ時代から、Bリーグに至るまでカバー。また毎年の楽しみは代々木のALLDAYに行くこと。

大阪エヴェッサ vs 京都ハンナリーズ(@おおきにアリーナ舞洲)

第1戦:10月17日15時5分 第2戦:10月18日15時5分

 bjリーグ時代から続く関西勢対決“京阪”ダービー。新外国籍選手を含めてロスターが完成しつつある大阪エヴェッサに、開幕から続く黒星を是が非でも止めたい京都ハンナリーズが挑む。

 大阪は前節、川崎を相手にアウェイで連敗。合流したばかりのギャレット・スタツがGAME1で24得点、GAME2で17得点と活躍したが、彼へボールを供給する場面で相手のディフェンスに度々阻まれる。攻撃の連係ミスが守備にも響いて、速攻やアーリーオフェンスから3ポイントシュートを被弾するなど、チームの強みを生かしきれなかった印象だ。

 一方、京都はリーグワーストの平均90.8失点が物語るとおり、ここまで4戦全敗。前節の秋田ノーザンハピネッツ戦ではGAME1で警戒していた相手の激しいプレッシャーに晒されて、序盤からつまずき敗戦。それでもGAME2では、ボールへの執着を高めて粘り強い守備から、秋田のお株を奪うような早い展開で満田丈太郎が走るなど、4戦目にして苦手の第1クォーターで初めてリードを奪う。最終的に敗れはしたが、攻守で全員が連動すれば戦える可能性をしっかりと示した。

 今節では京都が、秋田以上にサイズとパワーのある大阪に対してディフェンスで耐えることができるか。相手は193センチのガード、ディージェイ・ニュービルが合流しており、出場となればマッチアップする選手の役割が一層重要になる。大阪は合田怜の怪我が気になるところだが、アイラ・ブラウンと外国籍選手の強力ラインナップはそろいつつあるだけに、戦況に応じて攻め手を変えながら、相手の守備を攻略したい。

文=大橋裕之

■ロスター
・大阪(ヘッドコーチ:天日謙作)
伊藤達哉
エリエット・ドンリー
土屋アリスター時生
角野亮伍
駒水大雅ジャック
中村浩陸
橋本拓哉
合田怜
ディージェイ・ニュービル
アイラ・ブラウン
ギャレット・スタツ
ジョシュ・ハレルソン

・京都(ヘッドコーチ:小川伸也)
寺嶋良
會田圭佑
大庭岳輝
菅澤紀行
久保田義章
松井啓十郎
満田丈太郎
レイヴォンテ・ライス
石谷聡
細川一輝
ジャスティン・ハーパー
内海慎吾 ※インジュアリーリスト
永吉佑也
デイヴィッド・サイモン

この試合の他の記事