2023.11.23

B1信州がスタントン・キッドの退団発表…今季絶望のため母国で治療に専念

信州がスタントン・キッドと双方合意で契約解除[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 B1中地区の信州ブレイブウォリアーズは11月23日、負傷離脱していたスタントン・キッドと双方合意のうえ2023-24シーズンの選手契約を解除したことを発表した。

 現在31歳のキッドは、アメリカ合衆国出身で202センチ101キロのスモールフォワード。このオフに秋田ノーザンハピネッツから信州へと移籍した。今シーズンここまで出場した10試合すべてに先発し、1試合平均31分の出場で20.4得点6.1リバウンド3.4アシストの好成績をマーク。しかし、第6節の富山グラウジーズ戦で負傷し、左肩関節唇損傷のため全治約5カ月と診断されていた。

 すでに治療のために帰国しているキッドは、クラブを通じて「(富山戦で負った)怪我により今シーズン中の復帰が見込めず間もなく手術を受けることとなりました」と無念の退団となってしまったことを報告。信州のファンへ向けて「みなさんの応援のお陰で短くも素晴らしい時間を長野で過ごせました。すぐにまた会えることを願っています」と感謝の思いをつづった。

BASKETBALLKING VIDEO