2019.12.17

【ウインターカップ注目選手】江村優有(桜花学園)「抜群の得点力を持つ攻撃型の司令塔」

1年生の頃からスターターを担う江村[写真]=兼子慎一郎
取材歴17年目でミニバス、中学、高校、大学、トップリーグに日本代表と様々なカテゴリーをカバー。現場の“熱”を伝えるべく活動中。

12月23日から武蔵野の森総合スポーツプラザとエスフォルタアリーナ八王子で幕が開ける「SoftBank ウインターカップ2019 令和元年度 第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会」。今年度から出場チームが例年の男女各50チームから60チームに拡大し、頂点までの道のりは一層険しくなった。そんな高校バスケット界最高峰の大会を前に、バスケットボールキングでは今大会で注目すべき選手を紹介していく。

女子注目選手(7)江村優有(2年/桜花学園高校/愛知県)

「インターハイの時はアシストは多かったのですが、自分自身の得点が少なかったので、ウインターカップではもっと点を取りに行くように練習から心がけています」

 ウインターカップを目前にして、こう語るのは今夏のインターハイを制した桜花学園高校(愛知)の江村優有(2年)。

 江村は中学時代にはジュニアオールスターで長崎の2年連続準優勝の立役者で、当時から巧みなドリブルワークに鋭いドライブ、高い確率のシュートなどで得点を量産していた。

 だが、桜花学園入学後は本格的にポイントガードとなったことでゲームメイクやアシストといった役割も担うように。2年生となった今年は昨年のキャリアもプラスされ、安定したプレーでチームをけん引していた。

鋭いドライブや高確率のシュートは中学時代から目を見張る物があった[写真]=兼子慎一郎

 しかし、先に挙げたとおり、江村は自身の得点が少なかったことをインターハイでの課題として口にした。そのため、ウインターカップに向けて強化を図ってきたのは得点面で、今では「自分でもシュートを打ちながらも、ディフェンスが寄ってきたら合わせのパスもするといったことが前よりはディフェンスを見てできるようになったと思います」と言う。

 その中で参考にしていたのがNBAのステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォーリアーズ)やカイリー・アービング(ブルックリン・ネッツ)ら。映像を見ながら良い動きを取り入れていったそうだ。

「もともと点を取る力はある選手」と井上眞一コーチも得点力に関して太鼓判を押す江村。ジュニアオールスターでは観客をどよめかすような1対1を披露していただけに、今年のウインターカップでは抜群の得点力を発揮しながら、チームをけん引する。

文=田島早苗

ウインターカップ2019のバックナンバー