2024.05.07

B1リーダーズが決定…ビュフォード、河村勇輝、平尾充庸の3人が2年連続受賞

アシスト王の河村勇輝、得点王のペリン・ビュフォード、ベストフリースロー成功率賞の平尾充庸 [写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 5月6日、2023-24シーズンにおけるB1リーグ戦の全日程が終了。リーダーズが決定した。

 ペリン・ビュフォード島根スサノオマジック)が2年連続で得点王のタイトルを獲得。1試合平均22.6得点にリーグ2位の7.4アシスト、同5位の9.5リバウンド、同4位の1.8スティール、同2位の1.3ブロックと、5部門で上位に名を連ねた。

 アシスト王も2年連続で河村勇輝横浜ビー・コルセアーズ)。リーグ最多記録の1試合20アシストを挙げるなど、1試合平均8.1アシストの活躍でゲームを組み立てた。

 第35節終了時点でウォーディミル・ゲルン(仙台89ERS)が首位につけていたリバウンドでは、規定試合数に到達したジョン・ムーニー千葉ジェッツ)が1試合平均12.0リバウンドでトップ。前者が同11.98リバウンド、後者が同12.03リバウンドと、僅差で決着した。

 コー・フリッピン群馬クレインサンダーズ)がスティール王に。ジェレミー・ジョーンズファイティングイーグルス名古屋)、レイナルド・ガルシア佐賀バルーナーズ)とともに1試合平均1.9スティールで並んだが、群馬の司令塔が初受賞を果たした。

 ブロック王は日本代表のジョシュ・ホーキンソンサンロッカーズ渋谷)。1試合平均1.3ブロックでビュフォードやアルトゥーラス・グダイティスアルバルク東京)、ヤンテ・メイテン三遠ネオフェニックス)とのタイトル争いを制した。

 比江島慎宇都宮ブレックス)がリーグトップの1試合平均44.0パーセントで3ポイントシュートを成功。3シーズン連続で40パーセント超えを達成するなど、アウトサイドでも存在感を放つ。

 ベストフリースロー成功率賞は平尾充庸茨城ロボッツ)。79本中わずか7本しか失敗せず、91.1パーセントの高確率をマークした。

■2023-24シーズンB1各部門のリーダーズ
得点王:ペリン・ビュフォード島根スサノオマジック)22.6得点※2年連続2回目
アシスト王:河村勇輝横浜ビー・コルセアーズ)8.1アシスト※2年連続2回目
リバウンド王:ジョン・ムーニー千葉ジェッツ)12.0リバウンド※初受賞
スティール王:コー・フリッピン群馬クレインサンダーズ)1.9スティール※初受賞
ブロック王:ジョシュ・ホーキンソンサンロッカーズ渋谷)1.3ブロック※初受賞
ベスト3ポイント成功率賞:比江島慎宇都宮ブレックス)44.0パーセント※初受賞
ベストフリースロー成功率賞:平尾充庸茨城ロボッツ)91.1パーセント※2年連続2回目

コー・フリッピンの関連記事

サンロッカーズ渋谷の関連記事

BASKETBALLKING VIDEO