2023.08.31

勝負の第4Qだけで17得点…日本代表を救った比江島慎「貢献できてうれしい」

第4クォーター逆襲の立役者となった比江島 [写真]=fiba.basketball
国内外のバスケ情報をお届け!

 8月31日に沖縄アリーナで「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」の17-32位決定ラウンドが行われ、グループOでは男子日本代表(FIBAランキング36位)がベネズエラ代表(同17位)と対戦。最大15点差をひっくり返す逆転劇を演じ、86-77で大会2勝目を手にした。

 比江島慎宇都宮ブレックス)は驚異の追い上げを見せた第4クォーターで逆転の“3点プレー”を決めれば、試合終了残り47秒に5点差に広げる値千金の3ポイントシュート。最後の10分間だけで17得点を挙げ、試合を通じて22分38秒の出場で7本中6本の3ポイントシュートを含むチーム最多23得点の活躍を見せた。

 試合後のヒーローインタビューで「チームを救うためにトム(ホーバスヘッドコーチ)さんは僕をメンバーに残してくれたと思っています。貢献できてうれしいです」と喜びの言葉を口にした。

 国際大会では苦杯をなめてきたチーム最年長は「これまで悔しい経験をしてきたメンバーがチームを引っ張って。(渡邊)雄太(フェニックス・サンズ)にしろ、馬場(雄大)にしろ、富樫(勇樹/千葉ジェッツ)にしろ。経験してきた選手がしっかりと引っ張れて良かったと思います」と、結果という形で役割を果たした。

 9月2日のカーボベルデ代表(同64位)戦に勝利することで、自力で「2024年パリオリンピック」の出場権を手に入れることになる。比江島は「自力でつかみ取れるチャンスが目の前にあるので、何としてもつかみ取って、ファンの皆さんと喜びを分かち合いたいと思います」とコメントした。

BASKETBALLKING VIDEO