2021.04.01

「ザムスト」を展開する日本シグマックスが河村勇輝とスポンサーシップ契約を締結

東海大の河村勇輝が日本シグマックスとスポンサーシップ契約を締結
バスケ情報専門サイト

 スポーツ向けサポート・ケア製品ブランド「ザムスト」を展開する日本シグマックスは1日、東海大学河村勇輝とスポンサーシップ契約を結んだと発表した。

 同選手は福岡第一高校時代にウインターカップ2連覇を達成し、高校3年時に三遠ネオフェニックスへ特別指定選手として加入。高校生ながら7試合に先発し、1試合平均12.6得点を記録するなど大きなインパクトを与えた。高校卒業後東海大学へ進学し、1年ながらベンチ入り。昨年12月に行われた「第72回全日本大学バスケットボール選手権大会」では3ポイント王を受賞し、同大学の優勝に貢献した。

 現在、ザムストではあらゆる分野のスポーツ選手をサポートしており、バスケットボールではトレイ・ヤング(アトランタ・ホークス)と契約している。ザムストは、河村が目標とする「日本を代表する選手となり、夢や感動を与えられる選手になること」という思いに共感するとともに、ザムストを育んでくれた日本のバスケットボール界を盛り上げるべく、スポンサーシップ契約を結んだという。

 河村は契約に際し、以下のとおりコメントしている。

ザムストは学生スポーツのカテゴリーから、トップ選手まで、幅広く使われてる印象があります。今後は、プレー中の怪我予防や、パフォーマンス向上を手助けしていただきたいと考えています。

 バスケットをしている中では沢山の接触があり、特に身長の高い選手の膝が自分の太ももあたりなので、そこの接触で、痛みが出て、プレーに集中できないことがありました。そこでザムストからパッド付のスパッツを特注で作成・提供してもらっています。膝上からお尻にかけてパッドで保護されている事で、安心感や接触した時に衝撃が軽減されるのですごく気に入っています。パッドが入っているのに、軽くて、動きの邪魔にならない点もとても良い製品だと思います」

河村が提供を受けている特注パッド付スパッツ

BASKETBALLKING VIDEO