2024.01.16

東海大PGが特別指定でSR渋谷に加入…琉球、群馬に続き3度目の“Bリーグ入り”

東海大3年のハーパー・ジャン・ローレンス・ジュニア[写真]=兼子愼一郎
バスケ情報専門サイト

 B1中地区のサンロッカーズ渋谷は1月16日、東海大学に在学中のハーパー・ジャン・ローレンス・ジュニアが、特別指定選手として加入することを発表した。

 沖縄県出身で現在3年生のハーパーは、181センチ82キロのポイントガード。福岡第一高校では河村勇輝横浜ビー・コルセアーズ)、小川麻斗千葉ジェッツ)らの1学年下の世代で活躍し、東海大学進学後は3年連続インカレ決勝進出に貢献。金近廉(当時東海大学/現在千葉ジェッツ)らとともに「FIBA U19 バスケットボール ワールドカップ2021」日本代表に選出された実績も持っている。準優勝した昨年末のインカレでは全5試合に途中出場し、1試合平均4.4得点3.0リバウンド0.8アシストをマークした。

 福岡第一高校3年時の2020-21シーズンに琉球ゴールデンキングス東海大学2年時の2022-23シーズンに群馬クレインサンダーズの特別指定選手としてB1リーグでプレーした経験があり、今回が3度目の“Bリーグ入り”。ハーパーは「短い期間ですが、たくさん吸収してプレー面でもオフコートの面でも成長できるようにがんばります。応援よろしくお願いします」と、クラブを通じてコメントした。

BASKETBALLKING VIDEO