2023.03.06

安養KGCがEASL初代王者に輝く…ソウルSKナイツとのKBL対決を6点差で制す

KBL対決となった決勝戦を制した安養KGC[写真]=EASL
バスケ情報専門サイト

 3月5日、「EASL Champions Week(東アジアスーパーリーグ チャンピオンウィーク)」の決勝戦が開催され、安養KGCソウルSKナイツと沖縄アリーナで対戦した。

 KBL(韓国バスケットボールリーグ)所属チーム同士の対決となった決勝は、両者譲らない接戦となり、25-27と安養KGCが追いかける形で第1クォーターを終える。それでも、続く第2クォーターではスペルマン オマリ・ラスララが次々と得点を奪い、安養KGCが49-37とリードして試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター、キム・ソニョンとジャミール・マーカス・ワーニーを中心としたソウルSKナイツの反撃を受け、66-61と点差を詰められる。勝負の第4クォーター、ダリル・モンローがインサイドで強さを見せると、ビョン・ジュニョンが3ポイントや安定したゲームメークで安養KGCをけん引。最後までリードを守り抜いた安養KGCが、90-84で勝利を飾った。

EASL初代王者となった安養KGC[写真]=EASL

 EASLの初代王者となった安養KGCは、モンローが21得点16リバウンド5アシスト、スペルマンが19得点11リバウンド、ビョン・ジュニョンが16得点5アシストをマークした。

 一方のソウルSKナイツは、キム・ソニョンが25得点6アシスト、ワーニーが22得点7リバウンド5アシスト、レオン・ヴァーノン・ウィリアムズが17得点10リバウンドと奮闘したが、惜しくも準優勝となった。

■試合結果
安養KGC 90-84 ソウルSKナイツ(@沖縄アリーナ)
安 養|25|24|17|24|=90
ソウル|27|10|24|23|=84

BASKETBALLKING VIDEO