2020.01.10

2021年にFAとなるアデトクンボについて…バックス指揮官「彼は素晴らしい場所にいる」

今季もMVP級のパフォーマンスを発揮しているアデトクンボ[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

アデトクンボ中心に躍進を続けるバックス

 今シーズンは開幕から好調を維持し続けるミルウォーキー・バックス。1月10日(現地時間9日)の時点で33勝6敗とリーグトップの戦績を記録しており、今季の優勝候補の1つとして名乗りを上げている。

 そのバックスをけん引するのは、今やリーグを代表するスターへと成長したヤニス・アデトクンボだ。今季はここまで平均31.0分出場し、30.2得点12.8リバウンド5.5アシスト1.3スティール1.1ブロックというMVP級の成績を叩き出しており、このまま高いパフォーマンスを継続すれば、2年連続シーズンMVPの可能性もあり得るだろう。

 バックスはこのまま勢いに乗ってポストシーズンに望んでいきたいところだが、アデトクンボが2020-21シーズン終了後に制限なしフリーエージェントになることがたびたび話題となっている。今後バックスが強豪であり続けるならば、彼が退団することは絶対に避けたいはず。だが『ESPN』のエリック・ウッドヤード記者によれば、チームのマイク・ブーデンホルザーHC(ヘッドコーチ)は、アデトクンボがチームに戻ってきてくれることについて、以下のように自信を持っているそうだ。

「チームはここまで信じられないほどに集中をしてきている。アデトクンボは毎日集中し続けているんだ。よりよくなるため、チームとともに競い合うため、そして自分たちが今していることに敬意を示すためにも。私が認知していること以上のことがあるかはわからないが、彼は素晴らしい場所にいるように見えるし、このチームも高い領域にいる。願わくばこれからもそれらを続けることだ」

 現在アデトクンボが25歳であることを踏まえれば、年齢的にも全盛期はこれからであると言える。今後の彼のキャリアのピークを考慮した上で、バックスは球団として長期的に戦力や優秀なスタッフを維持し、さらに成長できるかどうかも彼の去就に関わってきそうだ。