2020.11.27

キングスがフランク・カミンスキーとの1年契約に合意、フロントコートに厚みを加える

カミンスキーは昨季サンズで平均9.7得点を残した[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月27日(現地時間26日、日付は以下同)。フランク・カミンスキーがサクラメント・キングスとの1年契約に合意したと『ESPN』が報じた。

 カミンスキーはフェニックス・サンズの契約下にあったのだが、今季の契約はチームオプションで、チーム側が契約を破棄したことで制限なしフリーエージェント(FA)となっていた。

 2015年のドラフト1巡目9位でシャーロット・ホーネッツから指名されたカミンスキーは、213センチ108キロのビッグマン。フィールドゴールの半数近くを3ポイントが占めており、アウトサイドからショットを射抜くことができる点が強み。

 昨季はサンズで平均19.9分の出場で、9.7得点4.5リバウンド1.9アシストを残しており、キャリア平均で3ポイント成功率34.7パーセント、平均1.2本を成功させている。

 キングスは昨季途中から先発へ昇格したボグダン・ボグダノビッチ(制限付きFA)がアトランタ・ホークスへ移籍したほか、ハリー・ジャイルズがポートランド・トレイルブレイザーズ、アレックス・レンがトロント・ラプターズとの契約に合意していた。

 そこでキングスは26日にハッサン・ホワイトサイドとの契約にも合意し、カミンスキーと共に7フッター(213センチ)のビッグマンを補強。今季はリショーン・ホームズやマービン・バグリー3世ネマニャ・ビエリツァ、ジャバリ・パーカーらとフロントコートを形成することになる。