2016.11.21

【11月18日ハイライト動画】並里成が古巣相手に奮闘も、大阪が滋賀に競り勝つ

デビュー戦で22点をマークした滋賀の並里成 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 日本代表の強化合宿開催に伴い、約2週間ぶりに再開したBリーグ。11月18日に行われたB1第8節第1戦では、大阪エヴェッサ滋賀レイクスターズが対戦した。

 第1クォーターはエグゼビア・ギブソンが12点をマークするなど、大阪が一気に12点のリードを奪う。第2クォーターに22点、第3クォーターに24点、最終クォーターには25点と大量得点を許したが、この日チームトップの得点を挙げたギブソンを中心に攻撃を展開し、大阪が86-82で競り勝った。

 大阪はギブソンの他、ジョシュ・ハレルソン橋本尚明がそれぞれ18点と、3人でチーム総得点の大半を記録。一方の滋賀は、昨季まで大阪に所属し、この試合が滋賀でのデビュー戦となった元“スラムダンク奨学生”の並里成が両チームトップの22点と奮闘したものの、あと一歩のところで白星を逃した。

大阪エヴェッサ 86-82 滋賀レイクスターズ