2023.05.12

16歳でB1 8試合を経験…名古屋D・今西優斗がトップチームでの活動終了

ユース育成特別枠選手としての活動を終了した今西 [写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 名古屋ダイヤモンドドルフィンズは11日、今西優斗がユース育成特別枠選手としての活動を終了したことを発表した。

 愛知県出身で現在16歳の今西は、名古屋D U18に所属する178センチ72キロのポイントガード。U15時代には、『B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP 2022』でMVPを受賞し、優勝に貢献。昨年12月、トップチームにユース育成特別枠として加入した。

 12月24日に行われたB1リーグ第13節新潟アルビレックスBB戦でB1リーグに初出場し、B1最年少出場記録を「16歳7カ月8日」に更新。その後、約5カ月間で8試合に出場し平均0.6得点、0.1リバウンド、0.3アシストをマークしていた。

 同選手は活動終了に際し、以下のコメントを残している。

「約5カ月間、シーズン後半の大事な時期にも関わらず、とても温かく迎えて下さり、本当にありがとうございました。
 チャンピオンを目指すチームの熱量や準備、チームワークやドルファミの皆さんの存在など、間近で感じ、学ばせていただきました。この5カ月間は人生で1番刺激を受けた期間です。
 こんなに素晴らしい経験をさせてくれた、すべての人に感謝しています。 本当にありがとうございました」

今西 優斗の関連記事

名古屋ダイヤモンドドルフィンズの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO