2022.12.24

名古屋ダイヤモンドドルフィンズの今西優斗がデビュー…B1最年少出場記録を16歳7カ月8日に更新

名古屋DU18に所属し、ユース育成特別枠として選手登録されている今西 [写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 12月24日にドルフィンズアリーナでB1リーグ第13節第1戦が行われ、名古屋ダイヤモンドドルフィンズ新潟アルビレックスBBと対戦した。

 齋藤拓実張本天傑の得点で7-0のランに成功すると、29-15と14点リードで迎えた第1クォーター残り2秒、名古屋DU18に所属するユース育成特別枠の今西優斗がコートイン。内藤耀悠レバンガ北海道)が持つB1最年少出場記録を「16歳7カ月8日」に更新した。

 今西はリードが44点差まで広がった試合終了残り2分から再び出場。同1分6秒にドライブからレイアップを沈め、記念すべき試合でジェイコブス晶が持つB1最年少得点も更新した。

 試合ではコティ・クラークが27得点、スコット・エサトンが21得点、モリス・ンドゥールが14得点と、外国籍選手がそろって活躍したほか、アジア特別枠のレイ・パークスジュニアが11得点7リバウンド、日本代表の齋藤拓実が7得点12アシスト4スティール、張本が14得点をマーク。108-64で大勝した。

■試合結果
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 108-64 新潟アルビレックスBB
名D|31|19|24|34|=108
新潟|18|16|8|22|=64

この試合の他の記事

今西 優斗の関連記事

名古屋ダイヤモンドドルフィンズの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO