2023.10.22

琉球が今村佳太を軸に盤石の試合運びでリベンジを果たす…横浜BCの河村勇輝は23得点

琉球を勝利に導いた今村[写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 10月22日、各地でB1リーグ第3節が開催され、琉球ゴールデンキングス横浜ビー・コルセアーズとアウェーで対戦した。

 第1戦に66-89で敗れた琉球は、第1クォーターから河村勇輝に10得点を奪われるも、アレン・ダーラムアレックス・カークを中心に得点を重ね、27-15とリードを奪う。続く第2クォーターでは今村佳太松脇圭志が得点を伸ばし、琉球が47-36とリードを保って試合を折り返した。

横浜BCの得点をけん引した河村[写真]=B.LEAGUE

 迎えた第3クォーター、再び横浜BCの得点ペースをスローダウンさせると、今村とダーラムを軸に点差を拡大。第4クォーターでも相手に付け入る隙を与えす、琉球が88-70で第1戦のリベンジを果たした。

 快勝した琉球は、今村が21得点5リバウンド5アシスト、ダーラムが16得点6リバウンド5アシスト、カークが13得点9リバウンド、松脇が11得点をマークした。

 一方の横浜BCは、河村が23得点、ジェロード・ユトフが19得点7リバウンドを挙げるも、昨シーズンの王者を相手に1勝1敗の痛み分けとなった。

■試合結果
横浜ビー・コルセアーズ 70-88 琉球ゴールデンキングス(@横浜国際プール)
横浜BC|15|21|14|20|=70
琉 球|27|20|20|21|=88

横浜ビー・コルセアーズの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO