2019.12.06

【ウインターカップ注目選手】金近廉(関西大北陽)「ケビン・デュラントに憧れる未完の大器」

ウインターカップ初出場の関西大北陽でエースを張る金近[写真]=佐々木啓次
バスケ情報専門サイト

12月23日から武蔵野の森総合スポーツプラザとエスフォルタアリーナ八王子で幕が開ける「SoftBank ウインターカップ2019 令和元年度 第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会」。今年度から出場チームが例年の男女各50チームから60チームに拡大し、頂点までの道のりは一層険しくなった。そんな高校バスケット界最高峰の大会を前に、バスケットボールキングでは今大会で注目すべき選手を紹介していく。

■ウインターカップ男子注目選手(3)金近廉(2年/関西大学北陽高校/大阪府)

 金近廉は関西大北陽が誇る195センチのオールラウンダーである。

 今年度はU16日本代表候補メンバーにも選出され、11月末に行われた強化合宿ではキャプテンを務めた。関西大北陽では主にパワーフォワードとしてプレーするが、将来はシューティングガードやスモールフォワードに主戦場を置くことを見据えている。

 金近自身も「3ポイントが強み。監督からも打っていいと言われているので、積極的に打つことを意識している」と言うように、アウトサイドでのプレーを好む。しかし、今夏のインターハイで放った計9本の3ポイントは、わずか1本しかリングを通らず。「外回り(のプレー)はまだ全国で通用するレベルではないと思っています。3ポイントを中心にジャンプシュートやドライブも、もっとバリエーションを増やしたいです」と、まだまだ自身の未熟さを感じていた。

 それでも、指揮を執る渡辺真二コーチは「自分がエースなんやという自覚を持ってほしい」と発破をかけつつも、「やる時はすごいプレーをやるので、持っているものはある。チームには欠かせない存在」と金近を評価する。

将来どんな選手になるのかが楽しみな選手の1人だ[写真]=佐々木啓次

 その“すごいプレー”の1つが留学生であろうとお構いなしに浴びせるブロックショットだ。「日本人がなかなか留学生をブロックすることはない。そういった意味でもセンスみたいなものは持っている」(渡辺コーチ)と、身長任せではなくタイミング良くジャンプして相手を抑えるブロックは、すでに全国レベルと言っていいだろう。

 金近が憧れるプレーヤーの1人はケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)。「ミニバス時代の監督から『デュラントのように将来は外もできるようになれ』とずっと言われていました。その時から動画でプレーを見ている」と教えてくれた。

 まだまだ発展途上のオールラウンダー、金近が初のウインターカップでどんなプレーを見せてくれるのか。今から楽しみだ。

文=小沼克年

ウインターカップ2019のバックナンバー

金近 廉の関連記事

BASKETBALLKING VIDEO